2011.05.30 文春写真館

地震学者今村明恒の警告

文・写真: 「文藝春秋」写真資料部

地震学者今村明恒の警告

 今村明恒は明治三年(一八七〇年)生まれ。東京帝国大学理科大学物理学科を卒業後、陸軍士官学校の教官になり、東京帝国大学助教授を兼任した。明治三十八年、雑誌「太陽」に「市街地に於ける生命及財産に対する地震の損害を軽減する簡法」を発表。地震発生時の火災による甚大な被害を警告し、五十年以内に東京で「大地震に襲われることを覚悟しなくてはなるまい」と述べた。この記事が多大な反響を集めたため、世情に不安を煽ることを危惧した上司の大森房吉主任教授は、「今村の論文を否定するため進んで新聞に寄稿し、講演会をひらいて、今村の地震予知説を激しく非難した」(吉村昭『関東大震災』文春文庫)。

 大正十二年(一九二三年)、関東大震災が起り、今村は一躍名声を高めた。大森没後、今村は東京帝国大学に設立された地震学科の主任教授となった。

 東日本大地震で、津波の被害地東北において、復興計画の中に高台に居住地を移転させる案が出されているが、

〈三陸地方の沿岸の家家を、高所に移転させよという提案は、じつはすでに死者三千人、流失家屋五千戸に及んだ昭和八年(一九三三年)の大津波の直後からあった。提案したのは「地震博士」として有名な今村明恒・前東京帝大教授で、漁村の住民の反対者には「全てを高地に移せというのではない。住居を高い所に移して、漁業に必要な納屋、物置の類は元の屋敷におけばよいのだ」と力説した〉(長部日出雄「新紙ヒコーキ通信」オール讀物平成二十三年=二〇一一年五月号より〉

 昭和二十三年没。

画像貸出しについて
文藝春秋写真資料部は、テレビ、新聞、雑誌をはじめさまざまなメディアのニーズに迅速にお応えできるよう貸出しの体制を整えております。デジタル化された写真データは、現在約25万点。「文藝春秋」の「日本の顔」はじめ数々の企画もの、「週刊文春」のスクープ写真、「Number」のスポーツシーン、「CREA」や「CREA TRAVELLER」の国内外の自然の風景、さらには戦前の人物や行事を取り上げた資料的価値の高い貴重な写真もとりそろえております。
詳しいお問い合わせはこちらまで
(株)文藝春秋 写真資料部  電話:03-3288-6122 FAX:03-5276-7004