2011.12.19 文春写真館

東京裁判の不当性を訴えた清瀬一郎

文・写真: 「文藝春秋」写真資料部

東京裁判の不当性を訴えた清瀬一郎

 清瀬一郎は明治十七年(一八八四年)生まれ。京都帝国大学卒業後、弁護士を開業する。大正九年(一九二〇年)、立憲国民党から総選挙に立候補し、当選。普通選挙法を推進、台湾議会設置運動を支援し、治安維持法にも反対するなど、リベラルな政治姿勢をとってきた。  

 昭和三年(一九二八年)、衆議院副議長になる。その後次第に親軍的な傾向を強め、五・一五事件の被告弁護人を務めた。昭和二十一年一月、GHQ により公職追放されるが、極東国際軍事裁判(東京裁判)では、日本側弁護団副団長と東條英機元首相の主任弁護人を務めた。ちなみに東條と清瀬は同年生まれ である。ここで清瀬は、ポツダム宣言に存在しなかった「人道に対する罪」「平和に対する罪」を否定し、「われわれがここに求めんとする真理は、一方の当事 者が全然正しく、他方が絶対不正であるということではありませぬ」と裁判の不当性を訴えた。

 追放解除後、政界に復帰し、鳩山内閣で文部大臣を務めた。昭和三十五年、衆議院議長に就任。日米安全保障条約の強行採決を行った。晩年は、「黒い霧事件」など政界の汚職事件では自民党の綱紀粛正調査会の会長として、政界浄化を訴えた。

 写真は昭和四年五月二十四日、ラジオに法学博士の肩書きで出演、「発明は文化の源泉なり」と題して講演した時に撮影されたもの。

 昭和四十二年没。

画像貸出しについて
文藝春秋写真資料部は、テレビ、新聞、雑誌をはじめさまざまなメディアのニーズに迅速にお応えできるよう貸出しの体制を整えております。デジタル化された写真データは、現在約25万点。「文藝春秋」の「日本の顔」はじめ数々の企画もの、「週刊文春」のスクープ写真、「Number」のスポーツシーン、「CREA」や「CREA TRAVELLER」の国内外の自然の風景、さらには戦前の人物や行事を取り上げた資料的価値の高い貴重な写真もとりそろえております。
詳しいお問い合わせはこちらまで
(株)文藝春秋 写真資料部  電話:03-3288-6122 FAX:03-5276-7004