文春写真館

棟方志功は「へたくそだからいい」

文・写真: 「文藝春秋」写真資料部

棟方志功は「へたくそだからいい」

 青森県が生んだ版画家・棟方志功は明治三十六年(一九〇三年)生まれ。ゴッホにあこがれて画家を志し上京。のちに、版画に転じて広く才能を認められる。仏教の影響を受けた作品が多く、「釈迦十大弟子」はサンパウロ・ビエンナーレで版画部門最高賞、ベネチア・ビエンナーレで国際版画大賞をそれぞれ受賞。国際的にも高い評価を受けた。

 〈私は元来、ヘたくそなんだなァ。でもへたくそだからいいと思っているんです。今はじょうずな人が多いですね。うますぎるぐらいだな。そういうのを“じょうずくそ”って呼んでいるんですよ〉(文藝春秋昭和四十三年=一九六八年一二月号)。

 故郷への愛情はこのうえなく深かった。日本経済新聞連載の「私の履歴書」の最終回(昭和四十九年十月十五日付け)には、

 〈故郷の土に生まれ、その土にかえるわたくしは、青森の泣きも笑いも切なさも憂いも、みんな大好きなモノです。ナントモ言えない、言いきれない、湧然没然があるのです。――またそれだからこその「青森」です。アオモリです〉

 と思いを込めて綴っている。

画像貸出しについて
文藝春秋写真資料部は、テレビ、新聞、雑誌をはじめさまざまなメディアのニーズに迅速にお応えできるよう貸出しの体制を整えております。デジタル化された写真データは、現在約25万点。「文藝春秋」の「日本の顔」はじめ数々の企画もの、「週刊文春」のスクープ写真、「Number」のスポーツシーン、「CREA」や「CREA TRAVELLER」の国内外の自然の風景、さらには戦前の人物や行事を取り上げた資料的価値の高い貴重な写真もとりそろえております。
詳しいお問い合わせはこちらまで
(株)文藝春秋 写真資料部  電話:03-3288-6122 FAX:03-5276-7004