文春写真館

『月光仮面』の生みの親、川内康範

文・写真: 「文藝春秋」写真資料部

『月光仮面』の生みの親、川内康範

「月光仮面」の生みの親、川内康範は大正九年(一九二〇年)に函館に生まれた。父親が出家し、母親にいわれて供物をホームレスにほどこす少年時代を送った。物書きになることをめざして、中学もまともに通わず、映画のシナリオを独学で勉強した。夕張や上野で転々と肉体労働をしながら、機会をうかがった。そして苦労の末に、東宝の演劇部で働くこととなり、映画の制作に携わる。

 戦争中は横須賀海兵団に応召するが、結核の疑いがあって、兵役を免除された。戦後、「君こそわが命」「骨まで愛して」など自作の連載小説が映画化され、作詞した主題歌も大ヒットした。そして、テレビ草創期にテレビドラマ史上に残る名作「月光仮面」を手がける。

〈あれは薬師如来の脇侍である日光・月光菩薩から発想したんです。「憎むな、殺すな、赦しましょう」という教えが「月光仮面」を執筆していた時の基本理念でね〉(「週刊文春」平成十九年=二〇〇七年六月二十八日号「新・家の履歴書」より)

 平成二十年没。

画像貸出しについて
文藝春秋写真資料部は、テレビ、新聞、雑誌をはじめさまざまなメディアのニーズに迅速にお応えできるよう貸出しの体制を整えております。デジタル化された写真データは、現在約25万点。「文藝春秋」の「日本の顔」はじめ数々の企画もの、「週刊文春」のスクープ写真、「Number」のスポーツシーン、「CREA」や「CREA TRAVELLER」の国内外の自然の風景、さらには戦前の人物や行事を取り上げた資料的価値の高い貴重な写真もとりそろえております。
詳しいお問い合わせはこちらまで
(株)文藝春秋 写真資料部  電話:03-3288-6122 FAX:03-5276-7004