文春写真館

借金名人百けん先生、一万田日銀総裁を訪問

文・写真: 「文藝春秋」写真資料部

借金名人百けん先生、一万田日銀総裁を訪問

 昭和二十七年(一九五二年)、日銀総裁室に一万田尚登(いちまだひさと)を訪ねた作家の内田百けん※。

 一万田は、明治二十六年(一八九三年)生まれ。GHQ占領下の日銀総裁として金融行政を一手に荷った。インフレーションに苦しむ敗戦直後の日本経済の建て直しに辣腕をふるい、「法王」の異名で知られた。

 かたや内田百けんは明治二十二年(一八八九年)生まれ。夏目漱石門下で、ユーモアに富んだエッセイや鉄道紀行「阿房列車」シリーズで知られた。別号「百鬼園」は「借金」のもじりといわれ、借金をテーマとした著作も多かった。

〈一万田「内田先生は借金の名人と伺っております」

 内田「総裁は貸さない名人と伺っております」――。貫禄あふれる百けん先生に一万田さん、「どちらが総裁か分りませんなあ」〉(樋口 進著『輝ける文士たち』より)

※内田百けん(けんの正字は【門+月】)

画像貸出しについて
文藝春秋写真資料部は、テレビ、新聞、雑誌をはじめさまざまなメディアのニーズに迅速にお応えできるよう貸出しの体制を整えております。デジタル化された写真データは、現在約25万点。「文藝春秋」の「日本の顔」はじめ数々の企画もの、「週刊文春」のスクープ写真、「Number」のスポーツシーン、「CREA」や「CREA TRAVELLER」の国内外の自然の風景、さらには戦前の人物や行事を取り上げた資料的価値の高い貴重な写真もとりそろえております。
詳しいお問い合わせはこちらまで
(株)文藝春秋 写真資料部  電話:03-3288-6122 FAX:03-5276-7004