2013.10.28 文春写真館

女優として、エッセイストとして輝いた高峰秀子

文・写真: 「文藝春秋」写真資料部

女優として、エッセイストとして輝いた高峰秀子

 高峰秀子は映画『衝動殺人 息子よ』(昭和五十四年=一九七九年)に八千草薫の代役として出演したのを最後に、「ほんとは結婚したらすぐやめたかった」女優業を廃業した。以来、夫君・松山善三との家庭生活を楽しんだが、その一方で名エッセイストとしても名を馳せた。この写真は、平成七年(一九九五年)十月号より「オール讀物」で二十年ぶりに雑誌連載「にんげん蚤の市」を開始するにあたり、東京・麻布の自宅にて撮影されたものである。

 大正十三年(一九二四年)、北海道函館市生まれ。昭和四年、映画『母』でデビューするや、天才子役と呼ばれ、戦前戦中戦後を通じ、木下恵介、成瀬巳喜男、豊田四郎、市川崑など、錚々たる監督による名画に数多く出演した。

 しかし、「にんげん蚤の市」第一回に稀代の大女優は記す。

〈私には映画界の友人がいない。もともと女優商売が苦手だった私は、撮影が終ると「お疲れさま」の挨拶もそこそこに一目散に家に帰ってしまう。これは私が非社交的なことと、みかけによらず人みしりをするためで、撮影所や仕事仲間がキライなわけではない。撮影終了後もスタッフたちが誘い合って一杯飲みにいったり、麻雀やお喋りを楽しんでいるのをみると、羨しく思わないではないけれど、私はただの一度もその仲間に入ったことがない。さぞ、つきあいの悪い奴と思われていたことだろう〉

 歯切れのよい筆致は、多くの読者を魅了した。平成二十二年(二〇一〇年)十二月二十八日、八十六歳で永眠。その死は、年が明けようとする大晦日まで公にされなかった。

画像貸出しについて
文藝春秋写真資料部は、テレビ、新聞、雑誌をはじめさまざまなメディアのニーズに迅速にお応えできるよう貸出しの体制を整えております。デジタル化された写真データは、現在約25万点。「文藝春秋」の「日本の顔」はじめ数々の企画もの、「週刊文春」のスクープ写真、「Number」のスポーツシーン、「CREA」や「CREA TRAVELLER」の国内外の自然の風景、さらには戦前の人物や行事を取り上げた資料的価値の高い貴重な写真もとりそろえております。
詳しいお問い合わせはこちらまで
(株)文藝春秋 写真資料部  電話:03-3288-6122 FAX:03-5276-7004