2011.07.19 文春写真館

“電力の鬼”と呼ばれた松永安左エ門

文・写真: 「文藝春秋」写真資料部

“電力の鬼”と呼ばれた松永安左エ門

 明治八年(一八七五年)生まれ。慶応義塾中退後、日本銀行に入行するが、一年で辞職。明治四十二年、福岡の市電を運営する福博電気軌道株式会社の設立に参加、翌年九州電気を設立する。大正十一年(一九二二年)、九州電灯鉄道と関西電気が合併して東邦電力ができると、副社長に就任、西日本に多大な影響力をもつようになる。その後子会社東京電力は、首都圏で東京電燈と激しい競争を繰り広げるが、昭和二年(一九二七年)に両社は合併、松永は取締役に就任する。民間主導の電力会社再編を主張したが、戦争の激化にともない、電気事業は国家管理下におかれ、昭和十七年、東邦電力は解散。松永は引退する。戦後、電気事業の民営化にともない電気事業再編成審議会会長に就任。現在ある九社への事業再編を実現した。さらに電気料金の値上げを実施、〈電力の鬼〉と呼ばれた。写真は昭和三十九年に撮影された晩年の姿。

〈結局死ぬことなんて考えるほどばかばかしいことはない。幾つになっても年をとったという実感がわいてこない。会社の社長でも、「わたし辞める」っていう会社は栄えるわけはないし、銀行も金を貸しはしないよ〉(「文藝春秋」昭和三十九年四月号「西郷と大久保」より)

 昭和四十六年没。

画像貸出しについて
文藝春秋写真資料部は、テレビ、新聞、雑誌をはじめさまざまなメディアのニーズに迅速にお応えできるよう貸出しの体制を整えております。デジタル化された写真データは、現在約25万点。「文藝春秋」の「日本の顔」はじめ数々の企画もの、「週刊文春」のスクープ写真、「Number」のスポーツシーン、「CREA」や「CREA TRAVELLER」の国内外の自然の風景、さらには戦前の人物や行事を取り上げた資料的価値の高い貴重な写真もとりそろえております。
詳しいお問い合わせはこちらまで
(株)文藝春秋 写真資料部  電話:03-3288-6122 FAX:03-5276-7004