文春写真館

シャンソンの女王・越路吹雪の「趣味は家事」

文・写真: 「文藝春秋」写真資料部

シャンソンの女王・越路吹雪の「趣味は家事」

 大正十三年(一九二四年)、東京・麹町生まれ。宝塚歌劇団二十六期生の同期には、月丘夢路、乙羽信子らがいた。男役のトップスターとなり、昭和二十六年(一九五一年)の退団後はミュージカルの舞台や映画女優、そしてシャンソン歌手として活躍した。特に、岩谷時子が越路のために訳詞した「愛の賛歌」「ラストダンスは私に」「サン・トワ・マミー」といった名曲の歌声が国民的人気を博し、シャンソンの女王と呼ばれた。

 面倒見がよく、多くの芸能人に慕われた。昭和三十四年に作曲家の内藤法美と結婚。以後、主婦として、どんなに忙しくても家事はすべて仕切った。掃除の腕前は素晴らしかったという。楽しげに洗濯物を干す写真は昭和四十四年。

 昭和四十四年以来、日生劇場で毎年春秋二回、一カ月のロングランリサイタルを続け、常に客席を一杯にした。とはいえ、ステージに上がる際は極度の緊張に襲われる繊細さを持ち、いつも煙草と珈琲が手放せなかったともいう。家事は、そうした重圧から解放される時だったのかもしれない。

 昭和五十五年、舞台出演中に激しい胃痛を訴えて入院、胃を切除する手術を受ける。末期の胃癌だった。入退院を繰り返し、リハビリに励むも、五十六歳で没。人気・実力ともに衰えぬなか、夫と友人に看取られ、世を去った。

画像貸出しについて
文藝春秋写真資料部は、テレビ、新聞、雑誌をはじめさまざまなメディアのニーズに迅速にお応えできるよう貸出しの体制を整えております。デジタル化された写真データは、現在約25万点。「文藝春秋」の「日本の顔」はじめ数々の企画もの、「週刊文春」のスクープ写真、「Number」のスポーツシーン、「CREA」や「CREA TRAVELLER」の国内外の自然の風景、さらには戦前の人物や行事を取り上げた資料的価値の高い貴重な写真もとりそろえております。
詳しいお問い合わせはこちらまで
(株)文藝春秋 写真資料部  電話:03-3288-6122 FAX:03-5276-7004