文春写真館

吉本隆明は最期まで
精力的な言論活動を続けた

文・写真: 「文藝春秋」写真資料部

吉本隆明は最期まで<br />精力的な言論活動を続けた

「ヨシモトリュウメイ」と人は呼ぶ。吉本隆明(よしもと・たかあき)は大正十三年(一九二四年)生まれ。東京工業大学卒業。詩人として出発し、昭和二十九年(一九五四年)、「マチウ書試論」で思想界にデビュー。六〇年安保以後は、新左翼運動の精神的支柱の役割を果たし、その著作集がバイブル視された。

<ただ六〇年安保のときは、主役の全学連のシンパとして(中略)くっついていくという、それこそ受け身で。(中略)だから、全学連の指導者だとか、安保のときの神様と言われると、まったく照れる以外にないですけどね><公的な評価がそうだったら、俺はそうじゃないと思っていても、引き受けようじゃないかっていうのがあるわけです。それは非常に重要なことなんだなっていうのは、そのときの体験で初めて得たことですね>(「週刊文春」平成十年=一九九八年三月二十六日号「阿川対談」より)

 西行や宮沢賢治などの文学評論から、ファッション、サブカルチャーにも関心を寄せ、幅広い評論活動を展開した。オウム真理教事件でも積極的に発言したが、このときは激しい批判にさらされた。

<オウム真理教っていうのは、単なる殺人集団だって片付けちゃダメだぞ、(中略)と主張したつもりなんだけど、世間では「あいつはオウム真理教を擁護した」って言われたんですよ><ハァーと思うんだけど、「俺、擁護しなかった」って言っちゃいけないということは、あのとき(六〇年安保)の体験だと思いますね。だから、言わなかった>(同)

 最期にいたるまで、原発問題など精力的な言論活動を続けた。平成二十四年三月没。

画像貸出しについて
文藝春秋写真資料部は、テレビ、新聞、雑誌をはじめさまざまなメディアのニーズに迅速にお応えできるよう貸出しの体制を整えております。デジタル化された写真データは、現在約25万点。「文藝春秋」の「日本の顔」はじめ数々の企画もの、「週刊文春」のスクープ写真、「Number」のスポーツシーン、「CREA」や「CREA TRAVELLER」の国内外の自然の風景、さらには戦前の人物や行事を取り上げた資料的価値の高い貴重な写真もとりそろえております。
詳しいお問い合わせはこちらまで
(株)文藝春秋 写真資料部  電話:03-3288-6122 FAX:03-5276-7004