高校生直木賞 参加25校の代表生徒たちの声(2)

高校生直木賞

高校生直木賞

高校生直木賞 参加25校の代表生徒たちの声(2)

第5回 高校生直木賞全国大会

直近一年間の直木賞候補から「今年の一作」を選ぶ試みである高校生直木賞。5月6日に開催された第5回の本選考会では、25校の代表者が全国から集って議論が行われ、彩瀬まるさんの『くちなし』が選ばれました。同世代の友と小説について語り合うことを経験した25人の生徒たちの感想文を3回にわけて掲載します。

第一回 | 第二回 | 第三回

【第二回】

■芝高等学校(東京) 日浅翔太郎「参加者の本への情熱が凄かった」

■聖学院高等学校(東京) 上甲希央「感受性の違いがおもしろい」

■成城高等学校(東京) 各務航太「読書は無限」

■筑波大学附属駒場高等学校(東京) 栗原瑛介「みんなで一つのことを成し遂げてワクワクした」

■田園調布学園高等部(東京) 小林紗矢「この世には様々な本の読み方がある」

■東京女学館高等学校(東京) 嶋菜々美「高校生直木賞は新しいスポーツだ」

■豊島岡女子学園高等学校(東京) 岡夏希「この経験を大人になって思い出したい」

■都立青山高等学校(東京) 田中希美「これからは能動的な読書に挑戦したい」

くちなし彩瀬まる

定価:本体1,400円+税発売日:2017年10月26日