高校生直木賞 参加25校の代表生徒たちの声(1)

高校生直木賞

高校生直木賞

高校生直木賞 参加25校の代表生徒たちの声(1)

第5回 高校生直木賞全国大会

5月6日に開催された第5回の本選考会では、25校の代表者が全国から集って議論が行われ、彩瀬まるさんの『くちなし』が選ばれました。同世代の友と小説について語り合うことを経験した25人の生徒たちの感想文を3回にわけて掲載します。今回は、市立函館高等学校、岩手県立盛岡第四高等学校、茨城キリスト教学園高等学校ほか8校のご紹介です。

第一回 | 第二回 | 第三回

【第一回】

■市立函館高等学校(北海道) 小山愛梨「私の中で作品の幅が広がった」

■岩手県立盛岡第四高等学校(岩手) 熊谷陽佑「自分の中の読書観が変化した」

■茨城キリスト教学園高等学校(茨城) 相澤優花「失敗を恐れずに発表する大切さ」

■茨城県立並木中等教育学校(茨城) 石綱蒼衣「高校生でも別々の意見を持っていると実感」

■埼玉県立所沢高等学校(埼玉) 立川葵「少ない分量でも伝わることが大切」

■市川高等学校(千葉)稲葉あすか「読書好きと濃厚な議論ができる幸福感」

■麻布高等学校(東京)海老原将「予想もしない論点に圧倒された」

■国際基督教大学高等学校(東京) 河口ゆめこ「会を通じて、たくさんの人と繋がった

くちなし彩瀬まる

定価:本体1,400円+税発売日:2017年10月26日