2018.11.22 イベント

本屋大賞ノンフィクション本大賞受賞記念トークショー 角幡唯介『極夜行』ができるまで。

「本屋大賞ノンフィクション本大賞受賞記念トークショー 角幡唯介『極夜行』ができるまで。」をはてなブックマークに追加

4年がかりとなった角幡さんの自信作『極夜行』。
本番の旅は2016~2017年の冬でしたが、準備はその3年前から行われていました。
体力と探検のキャリアのピークが交わる30代後半から40代前半に、一番やりたかったことを成し遂げたい、そして最高傑作を世に出したい、と思っていた角幡さんの目標は、ここに叶いました。

今回のトークショーでは、『極夜行』が完成するまでにどんな準備を要したのか、それを中心に語ってもらいます。それこそも波乱の探検だったのです――。

開催概要

日時 2018年12月08日(土) 10:15~11:45
定員 45名
場所 湘南 蔦屋書店 1号館2階 SURUGA bank / d-labo(地図
参加費 (1)か(2)をお選びください
(1) 書籍『極夜行』購入 1,750円(税抜)
(2) 書籍なし参加チケット 1,000円(税抜)
お申込方法 <電話受付>
湘南 蔦屋書店 0466-31-1510(代表)
※お申し込みの際にイベントの日時とタイトルをお伝えください
※店頭でのお申し込みの場合は2号館1階BOOKカウンターまでお越しください

<オンライン受付>
湘南 蔦屋書店オンラインショップにてお申し込みください
(1) 書籍はこちら
(2) 参加チケットのみはこちら
※お支払い方法はクレジットカード決済のみです
※(1)書籍は当日お渡しいたします
お問合先 湘南 蔦屋書店
0466-31-1510(代表)

登壇者プロフィール

角幡 唯介 Yusuke Kakuhata
ノンフィクション作家、探検家。1976年、北海道芦別市生まれ。
早稲田大学政治経済学部卒。同大探検部OB。
二度のチベット・ツアンポー探検を描いた『空白の五マイル』で10年に開高健ノンフィクション賞、
11年に大宅壮一ノンフィクション賞、梅棹忠夫・山と探検文学賞を受賞した。
次作の『雪男は向こうからやって来た』は12年に新田次郎文学賞受賞。
『アグルーカの行方』は13年に講談社ノンフィクション賞受賞。
18年に発表した『極夜行』で第1回Yahoo!ニュース 本屋大賞ノンフィクション本大賞を受賞。

極夜行角幡唯介

定価:本体1,750円+税発売日:2018年02月09日