作品紹介

「『裏工程表』がないぞ!」機密漏洩の疑いをかけられて—

またもや窮地に追い込まれる一心。「いっそのこと、日本へ帰っては」と思い悩む中国の養父・陸徳志。一心の決断は? 感動の最終巻。

担当編集者より
日本人の戦争孤児として戦後の中国に残された一心は、大きな時代のうねりの中で何度となく絶望を噛みしめながら、それでも懸命に生き抜いてきました。二つの祖国、二人の父――その間で揺れ動く彼が最後に下した決断とは?
クライマックスを迎えたとき、原作者・山崎豊子先生が本作品をなぜ『大地の子』と名づけたか、その意味がはっきりとわかることでしょう。
巻末には、当時の担当編集者が伝える現場の様子や、実際に使用されていた貴重な進行表など、充実の資料も収録。1000ページにわたる『マンガ 大地の子』も遂に完結、堂々の最終巻です!

感想を送る

本書をお読みになったご意見・ご感想をお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社ウェブサイト、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただく場合がございます。

※いただいた内容へのご返信は致しかねますのでご了承ください。
※ご意見・ご感想以外は、https://www.bunshun.co.jp/contact/ から各部門にお送りください。

感想を書く

 

メディア関係者、図書館の皆様へ

ご希望のデータがダウンロードできない場合や、著者インタビューのご依頼、その他の本の紹介に関するお問合せは、直接プロモーション部へご連絡ください。

雑誌・書籍の内容に関するご意見、書籍・記事・写真等の転載、朗読、二次利用などに関するお問合せ、その他については「文藝春秋へのお問合せ」をご覧ください。

https://www.bunshun.co.jp/contact/

映画・テレビ化情報一覧を見る