電子書籍

私の身体を生きる

価格:※各書店サイトで確認してください
発売日2024年05月24日
ジャンル随筆・エッセイ

17人の書き手が自らの「身体」と向き合って記す、生きるためのリレーエッセイ

17人の書き手が自らの「身体」と向き合って記す、生きるためのリレーエッセイ

私の身体はほんとうに私のもの? 私の身体はどんな視線にさらされ、どのように規定され、内面化されているのか。17人の人気小説家・美術作家・コラムニスト・漫画家・発明家が自らの「身体」と向き合い、ときにユーモラスに、ときに激しく、そしてかつてない真摯さで文章をつむぐ。「文學界」人気連載がついに単行本化。

著者は島本理生、村田沙耶香、藤野可織、西加奈子、鈴木涼美、金原ひとみ、千早茜、朝吹真理子、エリイ、能町みね子、李琴峰、山下紘加、鳥飼茜、柴崎友香、宇佐見りん、藤原麻里菜、児玉雨子の17人。

自分と自分の身体の関係を見つめる言葉が、これまで読んだことのない衝撃と共感をもたらす。

目次

島本理生「Better late than never」

村田沙耶香「肉体が観た奇跡」

藤野可織「「妊娠」と過ごしてきた」

西加奈子「身体に関する宣言」

鈴木涼美「汚してみたくて仕方なかった」

金原ひとみ「胸を突き刺すピンクのクローン」

千早茜「私は小さくない」

朝吹真理子「てんでばらばら」

エリイ「両乳房を露出したまま過ごす」

能町みね子「敵としての身体」

李琴峰「愛おしき痛み」

山下紘加「肉体の尊厳」

鳥飼茜「ゲームプレーヤー、かく語りき」

柴崎友香「私と私の身体のだいたい五十年」

宇佐見りん「トイレとハムレット」

藤原麻里菜「捨てる部分がない」

児玉雨子「私の三分の一なる軛(くびき)」

担当編集者より

「私の身体を生きる」は文芸誌「文學界」で連載が始まったときから大きな話題になりました。女性/女性として生きる17人の書き手たちが、自らの身体をめぐるそれぞれの切実な体験を、ときにユーモラスに、ときに激しく書く。その言葉の熱量と真摯さに、多くの読者が打たれたのです。3年の連載期間を経て、この人気リレーエッセイがついに一冊にまとまることになりました。自分の身体というやっかいなものとどう付き合うか。本書に収められた17のエッセイの中に、そのヒントとなる文章がきっとあるはずです。

感想を送る

本書をお読みになったご意見・ご感想をお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社ウェブサイト、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただく場合がございます。

※いただいた内容へのご返信は致しかねますのでご了承ください。
※ご意見・ご感想以外は、こちらから各部門にお送りください。

メディア関係者・図書館の皆様

表紙画像のダウンロード

ご希望のデータがダウンロードできない場合や、著者インタビューのご依頼、その他の本の紹介に関するお問合せは、直接プロモーション部へご連絡ください。

雑誌・書籍の内容に関するご意見、書籍・記事・写真等の転載、朗読、二次利用などに関するお問合せ、その他については「文藝春秋へのお問合せ」をご覧ください。

購入する

※外部サイトに飛びます

閉じる
電子書籍

私の身体を生きる

価格:※各書店サイトで確認してください
発売日2024年05月24日
ジャンル随筆・エッセイ

Rankingランキング

全て見る

Eventイベント

最新イベント

一覧を見る
【著者来日決定】翻訳ミステリー大賞&ファルコン賞W受賞の『台北プライベートアイ』作者・紀蔚然によるイベント開催!
【著者来日決定】翻訳ミステリー大賞&ファルコン賞W受賞の『台北プライベートアイ』作者・紀蔚然によるイベント開催!
【先着50名】新刊『黄昏のために』刊行記念 北方謙三さんサイン会を八重洲ブックセンターグランスタ八重洲店で開催
【先着50名】新刊『黄昏のために』刊行記念 北方謙三さんサイン会を八重洲ブックセンターグランスタ八重洲店で開催
今村翔吾さん『海を破る者』刊行記念 三省堂書店有楽町店サイン会のおしらせ
今村翔吾さん『海を破る者』刊行記念 三省堂書店有楽町店サイン会のおしらせ
佐伯泰英特設サイト Bunshun Tech ZERO 2024エンジニア採用 阿部智里「八咫烏シリーズ」特設サイト 米国を代表する作家、スティーヴン・キングの特設サイト 文春文庫は50年を迎えました! 特設サイト 東野圭吾「ガリレオシリーズ」公式サイト