作品紹介

地下アイドル時代、心身に深い傷を負い、鎌倉の祖母のもとでひっそりと生活を送っていた20歳の小松奈々子。そこに突然現れたラジオ局のディレクター黒木から、番組アシスタントにスカウトされる。
初日の生放送は、後に「伝説の十秒回」と呼ばれる神回となり、かつてラジオ界で絶大な人気を誇ったパーソナリティの片鱗を感じさせるものだった……!?

大食いのアナウンサー、演じるキャラに疲れている女性芸人、売れっ子のオネェタレント…。様々な仲間に囲まれ、時に黒木と罵り合いながら、奈々子はラジオの世界に向き合っていく。それは自身の傷や、過去とも対峙しなければならなかったが、奈々子が生き直そうと決めた「小松夏海」の存在は、次第に黒木たちをも巻き込んで、確かなムーブメントとなっていく。そしてその言葉は、子どものできない夫婦や、大人になることの意味を考える高校生など、切実な日々を生きるリスナーたちの、ほんのわずかな未来を動かし始めていた。

「いいか小松、ラジオにはテレビやネット動画と違って映像がない。
映像という明確なものがない分、リスナーはそれを補って想像する。
そうして頭の中で想像されたものは、誰にも否定されないし奪えない。

だから想像させろ。

リスナーに、姿の見えないお前を想像させるんだ」(本文より引用)

ラジオの魅力と、傷を抱えた人々が織り成す、あたたかな小気味よさあふれる物語。

150万部を突破した『神様の御用人』著者、浅葉なつの書き下ろし長編!

担当編集者より
20歳にして人生に疲れ、マスクをはずせない奈々子が、ラジオの世界で再スタートを切ります。彼女はパーソナリティとして次第にリスナーの心を揺らしていくのですが、小説を読んでいくと実際に彼女のファンになってしまいそうです。そのセンスある言葉遣い、ここぞという時の破壊力。(「神回」ってこういう風に生まれるんですね…)テンポ良いやりとりについ笑い、必死の言葉たちに目頭が熱くなります! 静かで確かなラジオの魅力と、小説そのものの魅力がリンクした傑作長編、是非お読みください。
目次
CUE SHEET

OP オープニング
Talk#01 伊澤春菜、31歳
Talk#02 小松奈々子、20歳
Talk#03 岡本英明、41歳
Talk#04 小松夏海、22歳
Talk#05 小松夏海、23歳
Talk#06 真崎悠一、19歳
Talk#07 小松夏海、28歳
ED エンディング

感想を送る

本書をお読みになったご意見・ご感想をお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社ウェブサイト、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただく場合がございます。

※いただいた内容へのご返信は致しかねますのでご了承ください。
※ご意見・ご感想以外は、http://www.bunshun.co.jp/feedback/ から各部門にお送りください。

感想を書く
 

メディア関係者、図書館の皆様へ

ご希望のデータがダウンロードできない場合や、著者インタビューのご依頼、その他の本の紹介に関するお問合せは、直接プロモーション部へご連絡ください。

雑誌・書籍の内容に関するご意見、書籍・記事・写真等の転載、朗読、二次利用などに関するお問合せ、その他については「文藝春秋へのお問合せ」をご覧ください。

http://www.bunshun.co.jp/feedback/

映画・テレビ化情報一覧を見る