作品紹介

殺し屋に商売敵現る‼ 異色の短編集第二弾

ひとりにつき650万円で始末してくれるビジネスライクな殺し屋、富澤。そんな彼に商売敵が現れて――異色の殺し屋シリーズ第二弾。

おすすめ記事

※外部サイトへリンクしている場合もあります

担当編集者より
普段は経営コンサルを営む富澤は、殺し屋という裏の顔を持つ男。その仕事は丁寧で迅速、ビジネスライクに殺しを請け負い、依頼は引く手数多だ。しかしそんな彼には、殺害する標的の何気ない行動が気になり、その謎を解かずにはいられないという妙な癖が……。そんな中、富澤の前に、商売敵となる殺し屋が現れて――。大人気シリーズ第二弾。もしも、あなたが殺し屋を雇うなら、どちらを選びますか?(R・T)

著者

石持 浅海

感想を送る

本書をお読みになったご意見・ご感想をお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社ウェブサイト、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただく場合がございます。

※いただいた内容へのご返信は致しかねますのでご了承ください。
※ご意見・ご感想以外は、https://www.bunshun.co.jp/contact/ から各部門にお送りください。

感想を書く

 

メディア関係者、図書館の皆様へ

ご希望のデータがダウンロードできない場合や、著者インタビューのご依頼、その他の本の紹介に関するお問合せは、直接プロモーション部へご連絡ください。

雑誌・書籍の内容に関するご意見、書籍・記事・写真等の転載、朗読、二次利用などに関するお問合せ、その他については「文藝春秋へのお問合せ」をご覧ください。

https://www.bunshun.co.jp/contact/

映画・テレビ化情報一覧を見る