作品紹介

経営コンサルティング会社を営む富澤充。

普通の家庭で育ち、普通の学校を出て、
普通に社会生活を送っている特徴のない男だが、
彼の副業は、一人につき650万円で殺しを請け負う「殺し屋」だった。

スズメバチ駆除業者がスズメバチを殺すように、
ビジネスライクに、危なげなく仕事をこなす富澤だが、
依頼人やターゲットの奇妙な行動がどうも気になる。

依頼人はなぜ病院の駐車場でターゲットを殺してほしかったのか。
不倫の密会で、いままで嵌めていなかった結婚指輪をわざわざ嵌める理由は?
なぜ、女性はある路地に入るとパンプスからビーチサンダルに履き替えるのか。

本作では、富澤の商売敵となる有能な女殺し屋も登場!
殺し屋を主人公にした、日常の謎シリーズ第二弾です。

感想を送る

本書をお読みになったご意見・ご感想をお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社ウェブサイト、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただく場合がございます。

※いただいた内容へのご返信は致しかねますのでご了承ください。
※ご意見・ご感想以外は、http://www.bunshun.co.jp/feedback/ から各部門にお送りください。

感想を書く
 

メディア関係者、図書館の皆様へ

ご希望のデータがダウンロードできない場合や、著者インタビューのご依頼、その他の本の紹介に関するお問合せは、直接プロモーション部へご連絡ください。

雑誌・書籍の内容に関するご意見、書籍・記事・写真等の転載、朗読、二次利用などに関するお問合せ、その他については「文藝春秋へのお問合せ」をご覧ください。

http://www.bunshun.co.jp/feedback/

映画・テレビ化情報一覧を見る