インタビューほか

ビジネスとして、副業として、まじめに「殺し」を考える──石持浅海『殺し屋』シリーズ

「オール讀物」編集部

『殺し屋、やってます。』『殺し屋、続けてます。』

 

殺し屋が「日常の謎」を解決する面白さ

著者の石持浅海さん

 中小企業を対象にした経営コンサルタント業をいとなむ富澤允は、副業として「殺し屋」をやっている。1件につき費用は650万円。依頼があると、3日以内に受けるかどうかを決め、受けると決めたら、前金300万円が振り込まれてから2週間以内に“仕事”を実行する――。

 世に「殺し屋」が活躍する小説、映画、漫画は多くあれど、副業で「殺人」を請け負う経営コンサルタントは珍しい。「副業・殺し屋」の活躍を描いて発売即重版となった『殺し屋、やってます。』(2017年)の好評を受け、このたび第2弾『殺し屋、続けてます。』が刊行された。

『殺し屋』シリーズの魅力は、実は「必殺仕事人」のような殺害時のスリルやサスペンスにあるわけでも、斬新な「殺し方」のアイデアにあるわけでもない。

 駅前で誰かをずっと待ち続けている殺しの標的(21歳の女子大生)、「病院の駐車場で殺せ」「弓矢かボウガンを使え」など次々に妙な条件をつけてくる依頼人……といった、標的や依頼人が見せる不可解な行動や言動について、富澤が、プロの殺し屋ならではの観点から、ユニークな推理を展開してみせるところに面白さがあるのだ。

 つまるところ、このシリーズは、「日常の謎」ミステリーなのである。

【次ページ ゴルゴ13とは正反対の主人公に】

殺し屋、続けてます。石持浅海

定価:本体1,400円+税発売日:2019年10月23日

殺し屋、やってます。石持浅海

定価:本体1,400円+税発売日:2017年01月12日

ブック・ジャングル石持浅海

定価:本体630円+税発売日:2013年11月08日


 こちらもおすすめ
インタビューほか対談 石持浅海×水谷奏音 1度目は熱い官能小説として、2度目は怜悧な本格推理として再読を愉しめる『相互確証破壊』(2014.08.06)
書評『ブック・ジャングル』解説(2013.11.26)
書評兼業作家と取材(2011.04.20)