作品紹介

花に殉じる覚悟を持った男が踏み外した道とは――

変化朝顔の栽培が生きがいの同心・中根興三郎は、菊作りで糊口をしのぐ御家人・中江惣三郎と知り合う。だが帰り路、興三郎は中江と間違えられて、謎の侍たちに襲われかける。じつは中江は金のために菊を使って悪事を重ね、恨みを買っていたという。興三郎は憤りつつ、中江のしていることに疑問を抱く……。

花を愛する人びとが織りなす江戸の人間模様を描く佳品。
ほかに「くだりの小袖」「鳴けぬ鶯」「禅の糸車」「花ぬすびと」「わりなき日影」収録。

松本清張賞受賞作『一朝の夢』、続編『夢の花、咲く』に続く〝朝顔同心〟シリーズ第3弾。

おすすめ記事

※外部サイトへリンクしている場合もあります

商品情報
書名(カナ) キッカノアダウチ
ページ数 256ページ
判型・造本・装丁 四六判 小口折 並製カバー装
初版奥付日 2019年09月30日
ISBN 978-4-16-391098-7
Cコード 0093

感想を送る

本書をお読みになったご意見・ご感想をお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社ウェブサイト、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただく場合がございます。

※いただいた内容へのご返信は致しかねますのでご了承ください。
※ご意見・ご感想以外は、http://www.bunshun.co.jp/feedback/ から各部門にお送りください。

感想を書く
 

メディア関係者、図書館の皆様へ

ご希望のデータがダウンロードできない場合や、著者インタビューのご依頼、その他の本の紹介に関するお問合せは、直接プロモーション部へご連絡ください。

雑誌・書籍の内容に関するご意見、書籍・記事・写真等の転載、朗読、二次利用などに関するお問合せ、その他については「文藝春秋へのお問合せ」をご覧ください。

http://www.bunshun.co.jp/feedback/

映画・テレビ化情報一覧を見る