池波正太郎と七人の作家

蘇える鬼平犯科帳

847円(税込)
発売日2018年10月06日
ジャンル歴史・時代小説
商品情報
書名(カナ) イケナミショウタロウトシチニンノサッカ ヨミガエルオニヘイハンカチョウ
ページ数 400ページ
判型・造本・装丁 文庫判
初版奥付日 2018年10月10日
ISBN 978-4-16-791160-7
Cコード 0193

人気作家七人七様の「鬼平」ワールドへようこそ

作品紹介

■池波正太郎が長谷川平蔵を主人にした短篇小説「浅草・御厨河岸」を書いたのは、昭和42(1967)年のこと。オール讀物12月号に掲載されたその短篇は大きな反響を呼び、「鬼平犯科帳」としての連載が始まった。
■2017年、「鬼平」誕生から50年。この記念すべき年に、7人の人気作家が長谷川平蔵を登場人物にして、「鬼平」へ新たな命を吹き込んだ競作短篇集。
■逢坂剛は「逢坂・平蔵シリーズ」の特別版、上田秀人は武家という官僚社会で生きる平蔵の立場を、諸田玲子は妖盗・葵小僧と鬼平の再対決、風野真知雄は人気シリーズ「耳袋秘帖」鬼平版、そして、土橋章宏は父譲りの料理人と鬼平との味対決、門井慶喜は、流行りものの鰻が嫌いで女が好きな木村忠吾がかかった罠、梶よう子は、平蔵亡き後、火盗改を仰せつかった森山源五郎の回想、と7人7様。これらの短篇に加え、池波正太郎が自らベスト5に選んだ鬼平作品の中から「瓶割り小僧」を特別収録。
■各作品に池波正太郎のカット画を使用。

目次

【目次】
せせりの辨介 逢坂剛
最後の女 諸田玲子
隠し味 土橋章宏
前夜 上田秀人
浅草・今戸橋 門井慶喜
狐桜 耳袋秘帖外伝 風野真知雄
石灯籠 梶よう子
瓶割り小僧 池波正太郎

本の話おすすめ記事

担当編集者より

「〝鬼平〟風味絶佳」の一冊です。

感想を送る

本書をお読みになったご意見・ご感想をお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社ウェブサイト、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただく場合がございます。

※いただいた内容へのご返信は致しかねますのでご了承ください。
※ご意見・ご感想以外は、こちらから各部門にお送りください。

メディア関係者・図書館の皆様

表紙画像のダウンロード

ご希望のデータがダウンロードできない場合や、著者インタビューのご依頼、その他の本の紹介に関するお問合せは、直接プロモーション部へご連絡ください。

雑誌・書籍の内容に関するご意見、書籍・記事・写真等の転載、朗読、二次利用などに関するお問合せ、その他については「文藝春秋へのお問合せ」をご覧ください。

書店在庫
ネット書店で購入

池波正太郎と七人の作家

蘇える鬼平犯科帳

847円(税込)
発売日2018年10月06日
ジャンル歴史・時代小説
商品情報
書名(カナ) イケナミショウタロウトシチニンノサッカ ヨミガエルオニヘイハンカチョウ
ページ数 400ページ
判型・造本・装丁 文庫判
初版奥付日 2018年10月10日
ISBN 978-4-16-791160-7
Cコード 0193
試し読み
書店在庫
ネット書店で購入

Rankingランキング

全て見る

Eventイベント

最新イベント

一覧を見る
【今村昌弘さん新刊発売記念!】『でぃすぺる』 オンライントークイベント(ネタバレ有り)
【今村昌弘さん新刊発売記念!】『でぃすぺる』 オンライントークイベント(ネタバレ有り)
【10/5(木)開催決定!】『2000年の桜庭和志』刊行記念トークイベント 柳澤 健(ノンフィクション作家)×行成 薫(作家)
【10/5(木)開催決定!】『2000年の桜庭和志』刊行記念トークイベント 柳澤 健(ノンフィクション作家)×行成 薫(作家)
【地元・長崎にて開催】『極楽征夷大将軍』第169回直木賞受賞記念!垣根涼介さんサイン会
【地元・長崎にて開催】『極楽征夷大将軍』第169回直木賞受賞記念!垣根涼介さんサイン会
佐伯泰英特設サイト 文藝春秋校閲部校正者募集 阿部智里「八咫烏シリーズ」特設サイト 文春文庫は50年を迎えました! 特設サイト 文春文庫 秋100ベストセレクション 米国を代表する作家、スティーヴン・キングの特設サイト