作品紹介

大きな話題を読んだ”体験型ミステリー”第2弾。
第一章「明神の滝に祈ってはいけない」
桃花はひとり明神の滝に向かっていた。一年前に忽然と姿を消した姉・緋里花のSNS裏アカウントを、昨晩見つけたためだ。失踪する直前の投稿を見た桃花には、あの日、大切にしていた「てりべあ先生」を連れて姉が明神の滝に願い事をしに行ったとしか思えない。手がかりを求めて向かった観瀑台で桃花が出合ったのは、滝の伝説を知る人物だった。

第二章「首なし男を助けてはいけない」
夏祭りの日、少年は二人の仲間を連れて大好きな伯父さんを訪ねる。今夜、親たちに内緒で行う肝試し、その言い出しっぺであるタニユウに「どっきり」を仕掛けるため、伯父さんに協力してもらうのだ。伯父さんは三十年近くも自室にひきこもって、奇妙な「首吊り人形」を作っている。その人形を借りて、タニユウの作り話に出てきたバケモノを出現させようというのだ。

第三章「その映像を調べてはいけない」
「昨夜……息子を殺しまして」。年老いた容疑者の自白によれば、息子の暴力に耐えかねて相手を刺し殺し、遺体を橋の上から川に流したという。だが、その遺体がどこにも見つからない。必死で捜索をつづける隈島刑事は、やがてある「決定的な映像」へとたどり着く。彼は先輩刑事とともに映像を分析しはじめ——しかし、それが刑事たちの運命を大きく変えていく。

そして、書き下ろしの終章「祈りの声を繋いではいけない」
――すべての謎がつながっていく。前作を凌ぐ、驚愕のラストが待つ!
各話の最終ページにしかけられたトリックも、いよいよ鮮やかです。


本の話ポッドキャスト【著者朗読🎤】『いけないⅡ』を道尾秀介さんが読む

発売直後からSNSで感想の書き込みが止まらない『いけないⅡ』。シリーズ第2弾にしてますますの盛り上がりを見せる本作の第三章「その映像を調べてはいけない」を道尾秀介さんご本人が朗読します。息詰まる展開に、聴いてしまえばきっと本を手にとらずにはいられないはず! 大反響の口コミを受けての、道尾さんのインタビューはこちらからどうぞ。(制作:オール讀物編集部)

おすすめ記事

※外部サイトへリンクしている場合もあります

担当編集者より
『いけないⅡ』は、文庫化されたばかりの前作『いけない』と同コンセプトで書かれた、まったく新たな物語です。
各章の最終ページに配された写真を見た瞬間に、物語が別の様相を呈するという“体験型ミステリー”スタイルを踏襲しつつ、今作では前作以上に章末の写真に意味を持たせたかった、と著者の道尾秀介さんは語ります。その言葉通り、今作に挿入された写真は、どれも見た瞬間に強烈な違和感を抱かせるものばかり。読者の想像と推理を掻き立てるための、より強力なトリガーになるでしょう。この写真、道尾さんが思い描いたイメージに近付けるため、道尾さん、カメラマン、編集者とで(時に被写体も兼ねながら)長い撮影時間をかけて入念に作り上げたものです。ご期待ください。
さて、『いけないⅡ』は『いけない』とはまったく別の物語ですが、前作の物語がなければ今回の物語も生まれなかったことを裏付ける、ある仕掛けが施されています。『いけない』をお読みになった方には、そこも楽しんでいただけると思います。









商品情報
書名(カナ) イケナイ ツー
ページ数 288ページ
判型・造本・装丁 四六判 上製 上製カバー装
初版奥付日 2022年09月30日
ISBN 978-4-16-391597-5
Cコード 0093

感想を送る

本書をお読みになったご意見・ご感想をお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社ウェブサイト、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただく場合がございます。

※いただいた内容へのご返信は致しかねますのでご了承ください。
※ご意見・ご感想以外は、https://www.bunshun.co.jp/contact/ から各部門にお送りください。

感想を書く

 

メディア関係者、図書館の皆様へ

ご希望のデータがダウンロードできない場合や、著者インタビューのご依頼、その他の本の紹介に関するお問合せは、直接プロモーション部へご連絡ください。

雑誌・書籍の内容に関するご意見、書籍・記事・写真等の転載、朗読、二次利用などに関するお問合せ、その他については「文藝春秋へのお問合せ」をご覧ください。

https://www.bunshun.co.jp/contact/

映画・テレビ化情報一覧を見る