単行本

転の声

1,650 (税込)
発売日2024年07月11日
ジャンル小説
商品情報
書名(カナ) テンノコエ
ページ数 168ページ
判型・造本・装丁 四六判 上製 上製カバー装
初版奥付日 2024年07月10日
ISBN 978-4-16-391882-2
Cコード 0093

第171回芥川賞候補作

第171回芥川賞候補作。
「俺を転売して下さい」喉の不調に悩む以内右手はカリスマ”転売ヤー”に魂を売った⁉ ミュージシャンの心裏を赤裸々に描き出す。

主人公の以内右手は、ロックバンド「GiCCHO」のボーカリストだ。着実に実績をつみあげてきて、ようやくテレビの人気生放送音楽番組に初出演を果たしたばかり。しかし、以内は焦っていた。あるときから思うように声が出なくなり、自分の書いた曲なのにうまく歌いこなせない。この状態で今後、バンドをどうやってプレミアムな存在に押し上げていったらいいのだろうか……。
そんなとき、カリスマ転売ヤー・エセケンの甘い言葉が以内の耳をくすぐる。「地力のあるアーティストこそ、転売を通してしっかりとプレミアを感じるべきです。定価にプレミアが付く。これはただの変化じゃない。進化だ。【展売】だ」
自分のチケットにプレミアが付くたび、密かに湧き上がる喜び。やがて、以内の後ろ暗い欲望は溢れ出し、どこまでも暴走していく……
果たして、以内とバンドの行きつく先は?
著者にしか書けない、虚実皮膜のバンド小説にしてエゴサ文学の到達点。

本の話おすすめ記事

担当編集者より

尾崎さんから、次は「転売」についての小説を書きます、と伺ったのは2021年3月のこと。それから丸3年、多忙をきわめる活動のなか、苦心しながら書き続けて完成したのが本作『転の声』です。
最後まで書き上がった第一稿を拝読したのは、今年の3月。一読して、3年も書きあぐねていたとは思えない、小説の瑞々しさに心打たれました。あの日の「いま、転売を書きたいんです」との口ぶりの熱さが、少しも温度をさげず、全篇にみなぎっている。そのことが、尾崎さんが3年間ずっとこの小説に本気で対峙してこられた、何よりの証左だと感じて感動したのです。
小説の主人公である以内右手。くすぶった気持ちでエゴサをしまくる、このロックバンドのフロントマンに、はたして、著者の姿はどれくらい投影されているのか、されていないのか。
『母影』から3年半、したたかさを増し、不穏な精緻さにいっそう磨きのかかった小説世界をぜひ味わってください。

感想を送る

本書をお読みになったご意見・ご感想をお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社ウェブサイト、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただく場合がございます。

※いただいた内容へのご返信は致しかねますのでご了承ください。
※ご意見・ご感想以外は、こちらから各部門にお送りください。

メディア関係者・図書館の皆様

表紙画像のダウンロード

ご希望のデータがダウンロードできない場合や、著者インタビューのご依頼、その他の本の紹介に関するお問合せは、直接プロモーション部へご連絡ください。

雑誌・書籍の内容に関するご意見、書籍・記事・写真等の転載、朗読、二次利用などに関するお問合せ、その他については「文藝春秋へのお問合せ」をご覧ください。

書店在庫
ネット書店で購入
単行本

転の声

1,650 (税込)
発売日2024年07月11日
ジャンル小説
商品情報
書名(カナ) テンノコエ
ページ数 168ページ
判型・造本・装丁 四六判 上製 上製カバー装
初版奥付日 2024年07月10日
ISBN 978-4-16-391882-2
Cコード 0093
書店在庫
ネット書店で購入

Rankingランキング

全て見る

Eventイベント

最新イベント

一覧を見る
【著者来日決定】翻訳ミステリー大賞&ファルコン賞W受賞の『台北プライベートアイ』作者・紀蔚然によるイベント開催!
【著者来日決定】翻訳ミステリー大賞&ファルコン賞W受賞の『台北プライベートアイ』作者・紀蔚然によるイベント開催!
【先着50名】新刊『黄昏のために』刊行記念 北方謙三さんサイン会を八重洲ブックセンターグランスタ八重洲店で開催
【先着50名】新刊『黄昏のために』刊行記念 北方謙三さんサイン会を八重洲ブックセンターグランスタ八重洲店で開催
今村翔吾さん『海を破る者』刊行記念 三省堂書店有楽町店サイン会のおしらせ
今村翔吾さん『海を破る者』刊行記念 三省堂書店有楽町店サイン会のおしらせ
文春文庫は50年を迎えました! 特設サイト 文春文庫 50周年×「陰陽師0」「文春文庫 50th 時を超える名作フェア」 全国主要書店にて開催中! 佐伯泰英特設サイト 吉永南央「紅雲町珈琲屋こよみシリーズ」特設サイト 阿部智里「八咫烏シリーズ」特設サイト 米国を代表する作家、スティーヴン・キングの特設サイト