作品紹介

「文芸批評の巨人」像が一新される!

「政治嫌いの文学者」というイメージが強い小林秀雄。だが著作を丹念に読むと、政治、戦争への深い関心と洞察が。新しい小林像。

目次
第一章 理論  理論と実践/言葉という難問/イデオロギー/理論の可能性/Ⅹへの手紙       
第二章 歴史  歴史の方法/ドストエフスキーとその環境/ロシア革命の政治学/実践と現実      
第三章 戦争  反省なんぞしない/事変の新しさ/黙って処する/文学者の戦争/マキアヴェリの政治学   
第四章 自由  自由の概念/悲劇と自由/自由論としての「モオツァルト」 
第五章 政治  「政治といふものは虫が好かない」/政治の組織化/民主主義と全体主義/ニヒリズムの政治学/政治とは              
第六章 実践  『日本の思想』/丸山眞男の誤解/社会科学/『葉隠』と戦争/宮本武蔵の実用主義/プラグマティズム/美/プラグマティズムの社会科学へ   
第七章 日本  戦後日本という問題/丸山眞男の「福沢諭吉の哲学」/小林秀雄の「福沢諭吉」/古学/二つの自由/気風/日本文化の歴史的個性/本居宣長/伝統と自由/小林秀雄の政治学
商品情報
書名(カナ) コバヤシヒデオノセイジガク
ページ数 288ページ
判型・造本・装丁 新書判
初版奥付日 2021年03月20日
ISBN 978-4-16-661306-9
Cコード 0295

感想を送る

本書をお読みになったご意見・ご感想をお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社ウェブサイト、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただく場合がございます。

※いただいた内容へのご返信は致しかねますのでご了承ください。
※ご意見・ご感想以外は、https://www.bunshun.co.jp/contact/ から各部門にお送りください。

感想を書く
 

映画・テレビ化情報一覧を見る