作品紹介

元日の朝、大瀧詠一の訃報を聞いた2014年。高倉健も菅原文太も見送る1年となった。
大きな喪失感を抱えながらも、著者は名作映画や新作を鑑賞し、アイドル女優たちの活躍に心を躍らせる。
一方で、繊細の記憶を鮮明にもつ著者は、日本の現状、とくに政治情勢に強い危機感を表明することも忘れない。
過ぎし日々と現在とを交錯させながら、時代の姿を浮かび上がらせる、週刊文春連載の名コラム。
解説は芝山幹郎。

おすすめ記事

※外部サイトへリンクしている場合もあります

商品情報
書名(カナ) ジョユウデミルカ カントクヲオウカ ホンネヲモウセバ
ページ数 272ページ
判型・造本・装丁 文庫判
初版奥付日 2018年01月10日
ISBN 978-4-16-791004-4
Cコード 0195

感想を送る

本書をお読みになったご意見・ご感想をお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社ウェブサイト、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただく場合がございます。

※いただいた内容へのご返信は致しかねますのでご了承ください。
※ご意見・ご感想以外は、http://www.bunshun.co.jp/feedback/ から各部門にお送りください。

感想を書く
 

映画・テレビ化情報一覧を見る