作品紹介

これが世界標準の教養だ!
キリスト教の難問に挑み、強靭な思考力を身につけよ!

なぜ現代日本で得をしない、キリスト教神学を学ぶのか?
世の中を複眼的に見る「思考力」の最強のトレーニングになるからだ。
国際情勢分析はもちろん、勉強法、恋愛、パワハラやストーカー問題まで、
キリスト教2000年の議論を生き方にどう応用するかを伝授する。

学問は必ずあなたの役に立つのだ!
(文庫オリジナル作品)

【目次より抜粋】
第1講 神学とは何か――得をしない学問が強い
神学で生き方が変わる理由/「急がば回れ」書き取り式講義の効果/
受験も選挙もくじ引きで/「復讐するは我にあり」の真の意味/
「殺してはいけない」という理由

第2講 聖書を持って社会へ――プロテスタンティズム
獄中で沁みたコヘレトの言葉/パワハラ対抗にはエステル記を読む
ストーカーと自己愛のコントロール/

第3講 不合理ゆえに我信ず――三位一体論
核抑止を神学から考える/ロケットと死者復活とオウム真理教/
いい加減だから強いキリスト教/「触発」と恋愛

第4講 絶対に解けないから挑む――キリスト論
アメリカ大統領選挙と神学/イエス・キリストの革命論/
よりく苦しい道を選ぶ理由/後藤健二さんの死の意味

第5講 無駄死にしないために――終末論1
学生を戦地に送った田辺元/念仏のテロリズム――血盟団事件/
国体精神はボランティア?/北朝鮮の「悠久の大義」

第6講 過去を振り切って前を見る――終末論2
いかがわしさを見分ける/この世を歩け!この世で働け!/
神はストーカー/急ぎつつ待つ

担当編集者より
「神学とは何か」からはじまる同志社大学神学部の学生への集中講義を、文春文庫オリジナルでお届けします。神学なんて門外漢の担当者は、正直に言うとアタマがクラクラがする思いで読み始めたのですが、「絶対に解けない難問」に神学者たちが2000年どう挑んだか追体験するうち、現実のトラブルのほうが簡単に見えてくるのです!まさに思考力の筋トレ。いっけん役に立たない学問ほど、役に立つ。佐藤優さんの言葉を実感しました。(担当W)
商品情報
書名(カナ) シン ガクモンノススメ ノウヲキタエルシンガクセンボンノック
ページ数 352ページ
判型・造本・装丁 文庫判
初版奥付日 2018年07月10日
ISBN 978-4-16-791093-8
Cコード 0195

感想を送る

本書をお読みになったご意見・ご感想をお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社ウェブサイト、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただく場合がございます。

※いただいた内容へのご返信は致しかねますのでご了承ください。
※ご意見・ご感想以外は、http://www.bunshun.co.jp/feedback/ から各部門にお送りください。

感想を書く
 

メディア関係者、図書館の皆様へ

ご希望のデータがダウンロードできない場合や、著者インタビューのご依頼、その他の本の紹介に関するお問合せは、直接プロモーション部へご連絡ください。

雑誌・書籍の内容に関するご意見、書籍・記事・写真等の転載、朗読、二次利用などに関するお問合せ、その他については「文藝春秋へのお問合せ」をご覧ください。

http://www.bunshun.co.jp/feedback/

映画・テレビ化情報一覧を見る