作品紹介

放っておいて欲しい。それが僕が他人に求める唯一のこと――

ファッション誌編集者の羽野は、花と緑を偏愛する独身男性。帰国子女だが、そのことをことさらに言われるのを嫌い、隠している。女性にはもてはやされるが、深い関係を築くことはない。

羽野と、彼をとりまく女性たちとの関係性を描きながら、著者がテーマとしてきた「異質」であることに正面から取り組んだ意欲作。

匂い立つ植物の描写、そして、それぞれに異なる顔を見せる女性たち。美しく強き生物に囲まれた主人公は、どのような人生を選び取るのか――。

担当編集者より
植物を偏愛し、他人と深くかかわらないように生きる、編集者の青年・羽野。
彼は緑豊かな「発展途上国」からの「帰国子女」だが、だが、そのことを公にはしていない。
ある時、取材先で知り合ったニューヨーク育ちの理沙子に帰国子女であることを隠す理由を問われる。
彼女との出会いや、周囲の女性の変化で、羽野の人生観は揺らぎ始める――。
千早さんの繊細かつ鮮やかな植物の描写が冴えわたる本作。
羽野を取り巻く女性たちの豊かな表情も見どころ。解説は尾崎世界観さんです。
商品情報
書名(カナ) ガーデン
ページ数 256ページ
判型・造本・装丁 文庫判
初版奥付日 2020年08月10日
ISBN 978-4-16-791540-7
Cコード 0193

感想を送る

本書をお読みになったご意見・ご感想をお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社ウェブサイト、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただく場合がございます。

※いただいた内容へのご返信は致しかねますのでご了承ください。
※ご意見・ご感想以外は、https://www.bunshun.co.jp/contact/ から各部門にお送りください。

感想を書く
 

メディア関係者、図書館の皆様へ

ご希望のデータがダウンロードできない場合や、著者インタビューのご依頼、その他の本の紹介に関するお問合せは、直接プロモーション部へご連絡ください。

雑誌・書籍の内容に関するご意見、書籍・記事・写真等の転載、朗読、二次利用などに関するお問合せ、その他については「文藝春秋へのお問合せ」をご覧ください。

https://www.bunshun.co.jp/contact/

映画・テレビ化情報一覧を見る