2014.06.11 インタビュー・対談

著者 × 書店員トリオ ネタバレ座談会──千早 茜・内田俊明(八重洲ブックセンター)・新井見枝香(三省堂書店)・川俣めぐみ(紀伊國屋書店)

聞き手: 「本の話」編集部

『男ともだち』 (千早茜 著)

著者 × 書店員トリオ ネタバレ座談会──千早 茜・内田俊明(八重洲ブックセンター)・新井見枝香(三省堂書店)・川俣めぐみ(紀伊國屋書店)

正直倒れるほど、うらやましい!?  できたら、読んでからチェックしてほしい―― ――『男ともだち』をめぐる、四方山ネタバレ座談会。

《内容紹介》
神名葵。29歳、京都在住イラストレーター。同棲して五年の恋人と既婚者で医者の愛人がいる。仕事は軌道に乗ってきたが、その分手ごたえを感じられなくなってきていた。そんなとき、学生時代の友人ハセオと再会して――

《座談会参加者》
千早 茜 (『男ともだち』著者)
内田俊明(八重洲ブックセンター)
新井見枝香(三省堂書店)
川俣めぐみ(紀伊國屋書店)

異性だけど、親友

内田 僕自身は、誰かの男ともだちだったことはないんです。

千早 あ、そうなんですか。

内田 仲が良くなると、やはり女として意識してしまう。でも、この小説で書かれている男ともだちって、親友なのに同性同士の友達とはどこか違った、まさに男女じゃなきゃありえない関係でしょう。

新井 そうですよね。

内田 しかも何のてらいもなく、それが当たり前、なにがおかしいの、というタッチで描かれていることに愕いたんです。正直いうと、千早さんの小説を読むのはそのときがはじめてで、さらにいえば、別册文藝春秋の新連載タイトルで「男ともだち」を見かけて、最初はこれ面白いのかなって疑問でした。だって男女の友情を描く話ってどれも似たものが多いでしょう。男女に友情はなりたつのかってテーマに収斂しがちだし、映画でいえば、『恋人たちの予感』系みたいな感じかなって。

川俣 ふふ、『恋人たちの予感』かあ。

内田 古いかなあ。それで読み始めたら、むむ、となっちゃった。そしてすごく惹きこまれたんです。これ、どういうひとが書いているんだろうって思いました。

千早 こういうひとです(笑)。

内田 あとは最終回まで夢中で読みました。

千早 ありがとうございます。私にとって異色な作品ではあるんです。

川俣 今までとびっくりするくらい違うかもって思いました。違うけど、私は大好き!

千早 いままでの小説はかならず人が死んでいたけれど、今回誰も死ななかったし、幻想もなし。『魚神』を好きな人は、きらいかもしれない。

川俣 どうだろう。

千早 本質は一緒なんですよ。『魚神』のスケキヨと『男ともだち』のハセオって、主人公との関係が似ているところがあるので。

【次ページ】おわらない関係は脅威



こちらもおすすめ
特集ショートケーキ、シュークリーム…『西洋菓子店プティ・フール』に登場するお菓子を探して(2016.02.27)
インタビュー・対談書店員A嬢←→著者 変則往復書簡(2014.06.11)
正しい女たち千早 茜

定価:本体1,500円+税発売日:2018年06月11日

男ともだち千早 茜

定価:本体1,550円+税発売日:2014年05月26日

ガーデン千早 茜

定価:本体1,400円+税発売日:2017年05月29日

西洋菓子店プティ・フール千早 茜

定価:本体1,350円+税発売日:2016年02月12日