作品紹介


作家・北村薫が、父の死後に遺されていた膨大な日記を考証、再生。

ミステリ作家・本の達人としての腕を存分にふるい、無名の一青年の目を通して、大正から昭和初期にかけての時代を愛惜込めて甦らせた三部作の完結編。

ドイツではヒトラー内閣が成立し、三月には東北三陸地方に大津波が押し寄せた昭和8年、父は慶応義塾大学を卒業するが、不景気の波が押し寄せる時代に就職口はない。出版社の試験にも不合格になり、大学院に進むものの家の経済は苦しく、定期を買う金もない。師事する折口信夫から満足な評価を得る事もできず、国文学への情熱も断ち切るしかないのかと懊悩しながら東京、横浜をさまよう父。
一方、文学史上の有名人物と折口信夫が敵対し、批判しあった数々の事件の真相に迫る著者の筆はスリリングかつ感動的。
文献、日記、関係者の随筆に散見される該当箇所を読み解き、つき合わせることで、折口信夫の底知れぬ大きさと怖さ、師弟関係に潜む複雑な感情、国文学に生涯をかける人々の熱情と嫉妬があぶりだされる。
横山重、佐佐木信綱、池田弥三郎、父、学友たち-ー
あの時代を歩んだ有名・無名の人々の姿を捉える、感動の昭和史。 解説・桂島浩輔

おすすめ記事

※外部サイトへリンクしている場合もあります

担当編集者より
北村薫さんのお父様は、横浜・保土ヶ谷の名家に生まれ、戦前に旧制中学から慶應の予科・本科へと進みました。中学では童話作家を夢み、慶應では折口信夫に出会い国文学者に憧れます。ここまでがシリーズ前二作。完結編の本作では、家の経済が厳しくなり、就職しなければならないのに口がなく、院に進んで悶々とする青年の苦しみが描かれます。そんな日々でも彼は古書店と図書館に通い、国文学古典を続々と読破してゆきます。作家が父の遺した日記から再現した昭和の青春群像、類を見ない読み応えです。
商品情報
書名(カナ) コハギノカンザシ イトマモウシテ サン
ページ数 528ページ
判型・造本・装丁 文庫判
初版奥付日 2021年02月10日
ISBN 978-4-16-791641-1
Cコード 0193

感想を送る

本書をお読みになったご意見・ご感想をお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社ウェブサイト、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただく場合がございます。

※いただいた内容へのご返信は致しかねますのでご了承ください。
※ご意見・ご感想以外は、https://www.bunshun.co.jp/contact/ から各部門にお送りください。

感想を書く
 

メディア関係者、図書館の皆様へ

ご希望のデータがダウンロードできない場合や、著者インタビューのご依頼、その他の本の紹介に関するお問合せは、直接プロモーション部へご連絡ください。

雑誌・書籍の内容に関するご意見、書籍・記事・写真等の転載、朗読、二次利用などに関するお問合せ、その他については「文藝春秋へのお問合せ」をご覧ください。

https://www.bunshun.co.jp/contact/

映画・テレビ化情報一覧を見る