作品紹介

ドンデン返しの魔術師が技巧のかぎりを凝らした
前人未踏&驚愕連続の “逆行” ミステリー!

本書は最終章ではじまり、第1章へとさかのぼる。

娘を誘拐され、秘密のリストの引き渡しを要求された女ガブリエラ。隠れ家にひそみ、誘拐犯との交渉に向かった友人の帰りを待っていた。しかし玄関にあらわれたのは誘拐犯だった。その手には銃。それを掲げ、誘拐犯は皮肉に笑った……。

だが読者よご用心。全ては見かけ通りではない。章ごとに物語は時間軸をさかのぼり、あなたの知らなかった「事実」が次々に明かされ、白は黒に、黒は白に反転をくりかえす。謎のオクトーバー・リスト。それを狙う者たち。迷路のようなニューヨークの街で展開される人狩り。世界最強のサプライズの魔術師ディーヴァーが繰り出すサスペンスとサプライズ。そして全ての真相が明かされるのはラスト2章!

『ボーン・コレクター』『ウォッチメイカー』などでミステリー・ファンを狂喜させてきたベスト・ミステリー作家の神髄がここにある。

おすすめ記事

※外部サイトへリンクしている場合もあります

担当編集者より
「逆行サスペンス」とは何か? 本書は第36章ではじまり、第1章で終わる。物語を構成する「章」が逆向きに並んでいるのです。だから読者が最初に読むのは「結末」。
娘を誘拐されて謎のリストを引き渡せと脅されている女性が隠れ家にいると、誘拐犯が銃を手に踏み込んでくる。果たして女性の運命は――。でもその「運命」は描かれません。なぜならページをめくれば「第35章」。さっきの場面の少し過去にさかのぼってしまうからです。以降、物語は一章ごとに時間を逆行、そのたびに読者の先入観は裏切られる。
すべての真相が明かされるのは、最後に待ち受ける「第2章」と「第1章」! ドンデン返しの魔術師が「逆順で書いても面白いミステリーはできるだろうか?」という難問に挑み、見事に成功してみせた超絶ミステリー。だまされないよう用心してお読みください。すべては見かけ通りではありません。
商品情報
書名(カナ) オクトーバー リスト
ページ数 432ページ
判型・造本・装丁 文庫判
初版奥付日 2021年03月10日
ISBN 978-4-16-791668-8
Cコード 0197

感想を送る

本書をお読みになったご意見・ご感想をお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社ウェブサイト、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただく場合がございます。

※いただいた内容へのご返信は致しかねますのでご了承ください。
※ご意見・ご感想以外は、https://www.bunshun.co.jp/contact/ から各部門にお送りください。

感想を書く
 

メディア関係者、図書館の皆様へ

ご希望のデータがダウンロードできない場合や、著者インタビューのご依頼、その他の本の紹介に関するお問合せは、直接プロモーション部へご連絡ください。

雑誌・書籍の内容に関するご意見、書籍・記事・写真等の転載、朗読、二次利用などに関するお問合せ、その他については「文藝春秋へのお問合せ」をご覧ください。

https://www.bunshun.co.jp/contact/

映画・テレビ化情報一覧を見る