本の話

読者と作家を結ぶリボンのようなウェブメディア

キーワードで探す 閉じる
年末のお楽しみ!「週刊文春ミステリーベスト10」発表

年末のお楽しみ!「週刊文春ミステリーベスト10」発表

文:「週刊文春」編集部


ジャンル : #エンタメ・ミステリ

「週刊文春」12月9日号

 今年で45回目を迎えた「週刊文春ミステリーベスト10」。

 アンケートに回答したのは全国の日本推理作家協会会員及びミステリー作家、文芸評論家、書店員、翻訳家、各大学ミステリー研究会など。

「週刊文春」(12月9日号)では国内部門1位、海外部門1位の著者のインタビューを掲載します。

 ランクインした作品の概要、選評は電子書籍『週刊文春ミステリーベスト10 2021』(12月9日発売)にも掲載されます。

まずは、海外部門ベスト10

 海外部門は『ヨルガオ殺人事件』(創元推理文庫)が1位でアンソニー・ホロヴィッツ氏の4連覇。もう誰にも止められない?

 海外部門のベスト10入りした作品と順位は以下の通りです。

【海外部門】週刊文春ミステリーベスト10

1位 『ヨルガオ殺人事件 上・下』(アンソニー・ホロヴィッツ/創元推理文庫)
2位 『自由研究には向かない殺人』(ホリー・ジャクソン/創元推理文庫)
3位 『見知らぬ人』(エリー・グリフィス/創元推理文庫)
4位 『木曜殺人クラブ』(リチャード・オスマン/ハヤカワ・ポケット・ミステリ)
5位 『父を撃った12の銃弾』(ハンナ・ティンティ/文藝春秋)
6位 『オクトーバー・リスト』(ジェフリー・ディーヴァー/文春文庫)
7位 『第八の探偵』(アレックス・パヴェージ/ハヤカワ・ミステリ文庫)
8位 『TOKYO REDUX 下山迷宮』(デイヴィッド・ピース/文藝春秋)
9位 『台北プライベートアイ』(紀蔚然/文藝春秋)
10位 『スリープウォーカー』(ジョセフ・ノックス/新潮文庫)
10位 『僕が死んだあの森』(ピエール・ルメートル/文藝春秋)

続いて、国内部門ベスト10

 大豊作の国内部門で1位をもぎ取ったのは米澤穂信氏による異色の戦国ミステリー『黒牢城』(KADOKAWA)! 直木賞受賞作でもある佐藤究氏『テスカトリポカ』(KADOKAWA)が2位につけた。

 国内部門のベスト10入りした作品と順位は以下の通りです。

【国内部門】週刊文春ミステリーベスト10

1位 『黒牢城』(米澤穂信/KADOKAWA)
2位 『テスカトリポカ』(佐藤究/KADOKAWA)
3位 『兇人邸の殺人』(今村昌弘/東京創元社)
4位 『硝子の塔の殺人』(知念実希人/実業之日本社)
5位 『白鳥とコウモリ』(東野圭吾/幻冬舎)
6位 『六人の嘘つきな大学生』(浅倉秋成/KADOKAWA)
7位 『機龍警察 白骨街道』(月村了衛/早川書房)
8位 『蒼海館の殺人』(阿津川辰海/講談社タイガ)
9位 『琥珀の夏』(辻村深月/文藝春秋)
10位 『おれたちの歌をうたえ』(呉勝浩/文藝春秋)
10位 『忌名の如き贄るもの』(三津田信三/講談社)

電子書籍
週刊文春ミステリーベスト10 2021
週刊文春ミステリーベスト10班

発売日:2021年12月09日

単行本
父を撃った12の銃弾
ハンナ・ティンティ 松本剛史

定価:2,420円(税込)発売日:2021年02月25日

文春文庫
オクトーバー・リスト
ジェフリー・ディーヴァー 土屋晃

定価:1,045円(税込)発売日:2021年03月09日

単行本
TOKYO REDUX
下山迷宮
デイヴィッド・ピース 黒原敏行

定価:2,750円(税込)発売日:2021年08月24日

単行本
台北プライベートアイ
紀蔚然 舩山むつみ

定価:1,980円(税込)発売日:2021年05月13日

単行本
僕が死んだあの森
ピエール・ルメートル 橘明美

定価:2,090円(税込)発売日:2021年05月26日

単行本
琥珀の夏
辻村深月

定価:1,980円(税込)発売日:2021年06月09日

単行本
おれたちの歌をうたえ
呉勝浩

定価:2,200円(税込)発売日:2021年02月10日

こちらもおすすめ
ページの先頭へ戻る