文春文庫

怪談和尚の京都怪奇譚幽冥の門篇

三木大雲

  • 定価:770円(税込)
  • 発売日:2021年08月03日
  • ジャンル:随筆・コミックエッセイ

作品紹介

〈怪談×説法 「怪談和尚」シリーズ最新作〉

ある夜、残業を終え、電気を消して事務所を出ようとしたその時、
ふと振り返ると、さっきまで自分が座っていた席に見知らぬ女の姿が。
その日から、会社で、自宅に、女の気配が少しずつ近付いてきて……。
(「謎の看護師さん」)

京都・蓮久寺の三木大雲住職、人呼んで「怪談和尚」が、
お寺に寄せられた相談と自らの体験に説法を交えて語る
〝新感覚〟怪談シリーズ、第4弾!
「ソロキャンプ」「迷子センター」「踏みつける足」「怖がり」「子供の能力」
他、20話を収録。

引っ越し先の新居、夜釣りの海辺、夢に見た絵……。
そんな何気ない日常の隙間に怪異は潜みます。

ほら、あなたの後ろにも……。


また、「怪談和尚の京都怪奇譚」シリーズを原作としてコミカライズした『怪談和尚』が同時発売!
コミカライズを担当したのは、妖怪漫画家・森野達弥さん。
巨匠・水木しげるさんに師事し、怖いなかにも懐かしい雰囲気を漂わせる画風で、三木住職の怪談説法の世界を再現した、まったく新しい怪談マンガです。

子供の能力


怖がり


三木住職インタビュー


新作・落とし物


新作・散歩

おすすめ記事

※外部サイトへリンクしている場合もあります

担当編集者より
住職ならではの独特な語り口で、怖い話が好きな方は勿論、苦手な方も思わず夢中になって読んでしまう、不思議な怪談本です。怖いのに、泣ける――そんな〝新感覚〟怪談をお楽しみください。
目次
はじめに

第一章 奇
蓮久寺
山の中の墓地
引っ越し
呪いの木
ソロキャンプ

第二章 気
苦情
後悔
夢の絵
迷子センター
死んでます?

第三章 忌
踏みつける足
家内
知識人
お母さんのおかゆ
ひな人形

第四章 祈
謎の看護師さん
夜釣り
朝生
怖がり
子供の能力

あとがき
商品情報
書名(カナ) カイダンオショウノキョウトカイキタン ユウメイノモンヘン
ページ数 240ページ
判型・造本・装丁 文庫判
初版奥付日 2021年08月10日
ISBN 978-4-16-791743-2
Cコード 0195

感想を送る

本書をお読みになったご意見・ご感想をお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社ウェブサイト、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただく場合がございます。

※いただいた内容へのご返信は致しかねますのでご了承ください。
※ご意見・ご感想以外は、https://www.bunshun.co.jp/contact/ から各部門にお送りください。

感想を書く
 

メディア関係者、図書館の皆様へ

ご希望のデータがダウンロードできない場合や、著者インタビューのご依頼、その他の本の紹介に関するお問合せは、直接プロモーション部へご連絡ください。

雑誌・書籍の内容に関するご意見、書籍・記事・写真等の転載、朗読、二次利用などに関するお問合せ、その他については「文藝春秋へのお問合せ」をご覧ください。

https://www.bunshun.co.jp/contact/

映画・テレビ化情報一覧を見る