作品紹介

入社30年、同期の記者たちの絆とは

四日市支局長の藤岡が川で転落死。事故死とされたが、疑いを抱いた同期の松浦たち三人はそれぞれの伝手をたどって事件の真相に迫る。

おすすめ記事

※外部サイトへリンクしている場合もあります

担当編集者より
東日新聞四日市市局長が溺死。彼の死に疑念を抱いた入社三十年の同期三人がその真相に迫る――。著者自身の古巣を思わせる全国紙を舞台に、斜陽産業といわれる新聞業界の今がリアルに描かれています。それは慢性的な人手不足の中で苦闘するかつての同僚たちへの、著者からの応援歌でもあります。
本作で著者は土地勘のない三重県を舞台に選びましたが、見事に「ど真ん中書店大賞ご当地部門(三重県)」第一位に輝きました。
商品情報
書名(カナ) キカン
ページ数 416ページ
判型・造本・装丁 文庫判
初版奥付日 2021年11月10日
ISBN 978-4-16-791779-1
Cコード 0193

感想を送る

本書をお読みになったご意見・ご感想をお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社ウェブサイト、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただく場合がございます。

※いただいた内容へのご返信は致しかねますのでご了承ください。
※ご意見・ご感想以外は、https://www.bunshun.co.jp/contact/ から各部門にお送りください。

感想を書く

 

メディア関係者、図書館の皆様へ

ご希望のデータがダウンロードできない場合や、著者インタビューのご依頼、その他の本の紹介に関するお問合せは、直接プロモーション部へご連絡ください。

雑誌・書籍の内容に関するご意見、書籍・記事・写真等の転載、朗読、二次利用などに関するお問合せ、その他については「文藝春秋へのお問合せ」をご覧ください。

https://www.bunshun.co.jp/contact/

映画・テレビ化情報一覧を見る