作品紹介

天才・山岸凉子が「毒親」を描く。
思わず背筋を冷たい汗がつたう傑作短篇集。

その愛の正体は依存なのか、束縛なのか、嫉妬なのか──?
「毒親」という言葉が生まれる遥か以前から、山岸凉子は、「母と子」という永遠の闇を鮮烈に映し出す作品を描いていた。

ラストで何の変哲もない日常世界が反転する恐ろしい傑作「夜叉御前」、
美しい女優と肥った娘の隠された愛憎を露わにする「鏡よ鏡」、
手の込んだお弁当をつくってくれる優しい母の深層心理に迫る「コスモス」、
よく気のつく自信家の妹と比較されて育った主人公を描く「ブルー・ロージズ」。
優等生の兄を溺愛する母の姿を妹の視点で見つめる「鬼子母神」の5作品を収録したオリジナル文庫。

角田光代さんの解説「奪われてはならないものについて」もぜひお読みください。

おすすめ記事

※外部サイトへリンクしている場合もあります

担当編集者より
「毒親」をテーマに短篇をまとめたオリジナル文庫ですが、どれも震えるほどの傑作揃いです。
「日出処の天子」「舞姫 テレプシコーラ」などの傑作を生んだ漫画界のレジェンドは、「毒親」などという言葉が生まれる遥か以前から、母子関係の闇やジェンダーの問題を鮮烈に描いてきたことに驚かされます。
角田光代さんの解説の読みの深さ、鋭さにも戦慄します。
ぜひご一読ください。(TI)
商品情報
書名(カナ) ジセンサクヒンシュウ キシモジン
ページ数 256ページ
判型・造本・装丁 文庫判
初版奥付日 2022年04月10日
ISBN 978-4-16-791868-2
Cコード 0179

感想を送る

本書をお読みになったご意見・ご感想をお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社ウェブサイト、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただく場合がございます。

※いただいた内容へのご返信は致しかねますのでご了承ください。
※ご意見・ご感想以外は、https://www.bunshun.co.jp/contact/ から各部門にお送りください。

感想を書く

 

メディア関係者、図書館の皆様へ

ご希望のデータがダウンロードできない場合や、著者インタビューのご依頼、その他の本の紹介に関するお問合せは、直接プロモーション部へご連絡ください。

雑誌・書籍の内容に関するご意見、書籍・記事・写真等の転載、朗読、二次利用などに関するお問合せ、その他については「文藝春秋へのお問合せ」をご覧ください。

https://www.bunshun.co.jp/contact/

映画・テレビ化情報一覧を見る