文春写真館

波乱万丈の生涯を送った高橋是清

文・写真: 「文藝春秋」写真資料部

波乱万丈の生涯を送った高橋是清

 高橋是清は嘉永七年(一八五四年)幕府御用絵師の家に生まれ、生後まもなく仙台藩の足軽高橋覚治の養子となる。慶応三年(一八六七年)、藩命により海外留学するが、アメリカで学費などを着服されたうえ、身売りされ、奴隷同然の扱いをうけるなど、辛酸をなめた。

 帰国後、文部省につとめ、のちに農商務省の官僚となる。初代特許局長として日本の特許制度を確立した。その後、ペルーで銀鉱山事業を行うが、挫折して帰国。日本銀行に入行する。日露戦争では、英国からの公債募集に尽力し、戦費調達に貢献。貴族院議員となり、日銀総裁となる。

 山本権兵衛内閣、ついで原内閣で大蔵大臣となる。原が暗殺された後、内閣総理大臣となるが、政局は混迷を極め、半年で内閣は倒れた。

 その後、加藤高明内閣で農商務大臣をつとめたあと、田中義一に政友会総裁の座を譲り、政界を引退する。しかし、昭和二年(一九二七年)金融恐慌が起り、田中内閣の下で、再度大蔵大臣に就任する。昭和六年犬養内閣でも大蔵大臣をつとめた。五・一五事件で犬養が暗殺されると、総理大臣を臨時兼任。さらに斎藤実内閣、岡田啓介内閣でも、大蔵大臣をつとめた。軍事予算縮小を図り、昭和十一年、二・二六事件で青年将校の凶弾に倒れ、波乱万丈の生涯を閉じた。写真は昭和十年、赤坂の自宅で撮影されたもの。

画像貸出しについて
文藝春秋写真資料部は、テレビ、新聞、雑誌をはじめさまざまなメディアのニーズに迅速にお応えできるよう貸出しの体制を整えております。デジタル化された写真データは、現在約25万点。「文藝春秋」の「日本の顔」はじめ数々の企画もの、「週刊文春」のスクープ写真、「Number」のスポーツシーン、「CREA」や「CREA TRAVELLER」の国内外の自然の風景、さらには戦前の人物や行事を取り上げた資料的価値の高い貴重な写真もとりそろえております。
詳しいお問い合わせはこちらまで
(株)文藝春秋 写真資料部  電話:03-3288-6122 FAX:03-5276-7004