本の話

読者と作家を結ぶリボンのようなウェブメディア

キーワードで探す 閉じる
ゴルフのハンデは六だった五島 昇

ゴルフのハンデは六だった五島 昇

文・写真:「文藝春秋」写真資料部

 五島 昇は大正五年(一九一六年)生まれ。昭和三十四年(一九五九年)、東京商工会議所副会頭をつとめた父五島慶太が亡くなった時、東急傘下の会社は七十数社であった。それから二十六年、二代目は日本商工会議所会頭に就任し東急グループは約三百十社、上場企業十二社を数えるまでになった。

〈「前会頭永野さん(重雄・故人)は長くしゃべるので有名だったが、私はしゃべらんので有名」「大企業ばかりの経団連とちがい、日商百二十万人は永田町を埋めつくすデモをかけるパワーをもっている」「企業は愛されるだけでは駄目だ、尊敬される怖さを持て」

 会頭就任後一年。攻撃的な発言は財界の若手、長老双方の絶大な支持を得ている〉 (「文藝春秋」昭和六十年=一九八五年八月号より)

 ゴルフは当時でもハンデ六という腕前。東京大学一年生で野球部のレギュラーになりながら、ゴルフ部に転部したという逸話が残っている。

プレゼント
  • 『望月の烏』阿部智里・著

    ただいまこちらの本をプレゼントしております。奮ってご応募ください。

    応募期間 2024/2/29~2024/3/7
    賞品 『望月の烏』阿部智里・著 5名様

    ※プレゼントの応募には、本の話メールマガジンの登録が必要です。

ページの先頭へ戻る