2008.12.22 文春写真館

犬養毅暗殺直前の演説

文・写真: 「文藝春秋」写真資料部

犬養毅暗殺直前の演説

 写真の日付けは昭和七年(一九三二年)五月一日とあり、首相官邸で撮影された。日本放送協会のラジオ聴取者契約数百万人突破を記念して、犬養毅首相により時局政治講演が行われた時の姿である。

 犬養毅は、郵便報知新聞の記者として西南の役に従軍。明治十六年(一八八二年)大隈重信が結成した立憲改進党に参加し、政治家の道を歩む。一九一〇年立憲国民党を創立、一九二二年には革新倶楽部を組織し、護憲運動の中心的な存在として活躍する。昭和四年(一九二九年)政友会総裁に就任し、二年後政友会内閣を組織した。

 このラジオ講演で、犬養は政権にとっての応急の問題として、満洲の治安の回復(前年に満州事変勃発)と、国内の不景気の克服をあげ、また、根本の問題としてシナ(中国)との関係を国際問題として如何に解決するかを述べた。

 放送は五月五日。十日後、海軍青年将校を中心として行われたクーデタ(五・一五事件)で、首相官邸のほか警視庁・日本銀行が襲われ、犬養首相は「話せばわかる」の名言を残して凶弾に斃れた。

画像貸出しについて
文藝春秋写真資料部は、テレビ、新聞、雑誌をはじめさまざまなメディアのニーズに迅速にお応えできるよう貸出しの体制を整えております。デジタル化された写真データは、現在約25万点。「文藝春秋」の「日本の顔」はじめ数々の企画もの、「週刊文春」のスクープ写真、「Number」のスポーツシーン、「CREA」や「CREA TRAVELLER」の国内外の自然の風景、さらには戦前の人物や行事を取り上げた資料的価値の高い貴重な写真もとりそろえております。
詳しいお問い合わせはこちらまで
(株)文藝春秋 写真資料部  電話:03-3288-6122 FAX:03-5276-7004