本の話

読者と作家を結ぶリボンのようなウェブメディア

キーワードで探す 閉じる
“特撮の神様”と呼ばれた円谷英二

“特撮の神様”と呼ばれた円谷英二

文・写真:「文藝春秋」写真資料部

 円谷英二は“特撮の神様”と呼ばれた。明治三十四年(一九〇一年)生まれ。七月七日が誕生日にあたる。昭和十二年(一九三七年)東宝入社。戦争中に得意の特撮技術を生かして「ハワイ・マレー沖海戦」「加藤隼戦闘隊」などの戦意高揚映画を制作。そのため、昭和二十三年公職追放の憂き目に会い、生活は困窮する。公職追放解除後、東宝に復帰。昭和二十九年、「ゴジラ」が公開され、空前の大ヒットを記録し、世界に例をみない〈特撮監督〉として注目された。

〈「映画製作は、もっと合理的になるべきですよ。画かきが絵筆で画をかくように、映画も自由な絵が書けなければウソですよ。もっと技術も進歩し、信用されなければ」

 いうことはおだやかで、それ程奇抜な言葉も使わない。それでいて本筋だけはとらえてはなさない〉(「週刊文春」昭和三十四年=一九五九年八月三日号)

 昭和四十五年(一九七〇年)没。

プレゼント
  • 『宗教を学べば経営がわかる』池上彰 入山章栄・著

    ただいまこちらの本をプレゼントしております。奮ってご応募ください。

    応募期間 2024/7/19~2024/7/26
    賞品 『宗教を学べば経営がわかる』池上彰 入山章栄・著 5名様

    ※プレゼントの応募には、本の話メールマガジンの登録が必要です。

ページの先頭へ戻る