インタビューほか

何が起こってもおかしくない世界

澤島 優子

『コズミック・ゼロ』 (清涼院流水 著)

清涼院流水
一九七四年兵庫県生まれ。京都大学在学中の一九九六年に『コズミック 世紀末探偵神話』で第二回メフィスト賞を受賞しデビュー。発表当初から型破りな設定やストーリーが話題を呼び、読者のみならずミステリー作家の間でも賛否両論が飛び交った。その後も旺盛な執筆活動を続け、十三年間に六〇冊を越す著作がある。
水野俊哉
一九七三年東京都生まれ。大学卒業後、金融機関に就職。退職後、インターネット通販関連の会社を起業するも失敗、三億円の負債を抱える。その後は経営コンサルタントとして多くのベンチャー企業の経営にかかわりながら、世界中の成功本やビジネス書を読破し、さまざまな成功法則を研究する。二〇〇八年、初の著書『成功本50冊「勝ち抜け」案内』がベストセラーとなる。現在、「水野流水」名義で清涼院氏との共著を準備中。

水野   最近流行(はや)りのフォトリ(ーディング)や速読で言われるように、ビジネス書の場合、どこから読んでもいいんですが、『コズミック・ゼロ』だけは絶対に後ろから読んじゃだめです(笑)。速い展開でどんどん読み進んでいって、最後の最後に何が待っているのかという楽しみは、ビジネス書では決して味わえない小説の醍醐味(だいごみ)ですからね。

清涼院   確かにビジネス書の鉄則に「最初から読むな」「好きなところから読め」というのがありますが、『コズミック・ゼロ』でそれをされては困ります(笑)。 

水野   「驚天動地」という言葉はこの作品のためにあるんだと思いました。一日で何百万人が消えてしまう、とてつもないことが猛スピードで起こる、そういう話をなぜ書くのかというと、この世の中、いつ何が起こるかわからないという無常観を流水さんが感じているからだと思います。私のように、いきなり三億円の借金を抱えることもあるわけだし(笑)。

清涼院   そのご指摘は本当に鋭いですね。僕の実家が阪神淡路大震災で全壊した時、人生観や常識、創作スタイルなどそれまでの僕のすべてが一瞬で変わってしまいました。僕は昔からミステリーファンですが、あの震災を体験して以来、ミステリーで現実を超える作品はないと思うようになってしまった。まさに「事実は小説より奇なり」なんです。そういう体験を経て書き出したのが『コズミック』から始まる一連の作品なんですが、十二年以上たって、またあの時と同じような感覚を抱いているんです。『コズミック・ゼロ』で何が起きてもおかしくない世界を書いている真っ最中に、百年に一度と言われる世界金融危機が起こったりしたわけですから。

水野   世界的な金融機関が一瞬で倒産したり、世界中で同時に株価が下がったりするのは、統計上の確率でいうと百年に一度どころか、ビッグバン以来の宇宙の歴史の中で起こるはずがないくらいの異常事態です。そういう不確実なことが現に我々の目の前で起こっている、今まで信じていた世界を根底から疑わざるをえないようなことが起こるんだということを、流水さんと一緒に何度も話してきましたし、今回の作品にもそういう思想というか、無常観が表現されていると思います。世界同時株安がなぜ起こったかを分析する本は何十冊も出ましたが、予見できた人は誰もいなかったように、不確実性に満ちたこの世界では、『コズミック・ゼロ』を完全なつくり話だと言い切ることは誰にもできません。そういうビジネス的な視点から見ても、すごく面白い小説だと思いますね。

コズミック・ゼロ
清涼院 流水・著

定価:1680円(税込)

詳しい内容はこちら