インタビューほか

何が起こってもおかしくない世界

澤島 優子

『コズミック・ゼロ』 (清涼院流水 著)

清涼院流水
一九七四年兵庫県生まれ。京都大学在学中の一九九六年に『コズミック 世紀末探偵神話』で第二回メフィスト賞を受賞しデビュー。発表当初から型破りな設定やストーリーが話題を呼び、読者のみならずミステリー作家の間でも賛否両論が飛び交った。その後も旺盛な執筆活動を続け、十三年間に六〇冊を越す著作がある。
水野俊哉
一九七三年東京都生まれ。大学卒業後、金融機関に就職。退職後、インターネット通販関連の会社を起業するも失敗、三億円の負債を抱える。その後は経営コンサルタントとして多くのベンチャー企業の経営にかかわりながら、世界中の成功本やビジネス書を読破し、さまざまな成功法則を研究する。二〇〇八年、初の著書『成功本50冊「勝ち抜け」案内』がベストセラーとなる。現在、「水野流水」名義で清涼院氏との共著を準備中。

清涼院   投資のスペシャリストである内藤 忍さんも、そのあたりのテーマで興味を示してくださいましたよね。

水野   内藤さんは投資ユーザーに対する金融教育などをするマネックス・ユニバーシティという会社の社長さんで、彼に『コズミック・ゼロ』を紹介して、これを国家や経済の崩壊のシミュレーションとして読んでみると面白いのではないかとお話ししたら大変興味を持たれて、すぐに流水さんとの交流も実現しました。
  私自身も日本経済が究極に悪化したら何が起こるのかとか、国家がデフォルトしたらどうなるかということを『コズミック・ゼロ』を読みながら少し考えてしまいました。

清涼院   ビジネスの第一線で活躍されている水野さんや内藤さんに僕の小説を注目していただけるのは、僕自身はもちろんのこと、小説界全体にとっても貴重なことだと思います。

水野   ビジネス書の側の人間の中にも、作家とは話が合わないという偏見があるようですが、流水さんは普通に話ができているし、人間的に興味を持たれることも多いので、今はとてもいい関係ができつつあるような気がしています。

新刊本続々、流水祭り開催中!

清涼院   『コズミック・ゼロ』と並行して書いた『B/W(ブラック・オア・ホワイト)』という作品が、太田出版からほぼ同時期に出版されます。『コズミック・ゼロ』は僕の小説家としての十二年間のテクニックをすべて注ぎ込んだ究極の作品なんですが、あまりにも総決算すぎて、これを出したら僕はそこで終わってしまうんじゃないかという危険性を感じたんですね。それでこの究極とバランスを取り、それを補完するような作品が必要だと思って書いたのが『B/W』です。『コズミック・ゼロ』で描いたマクロのスケールの事件とバランスを取るために、『B/W』ではミクロの事件を描きました。この二作を並行できたことは本当によかったと思っています。
  もう一つ、映画会社のスターダストピクチャーズと組んでやっていた『忘レ愛』という携帯小説も六月に本になるんですが、これも『コズミック・ゼロ』と深い関わりを持つ作品です。『コズミック・ゼロ』の構想をお話ししていたとき、編集のIさんが、ぜひ映画化したいと言ってくださったので、僕も最初から徹底的に映画化にこだわろうと思って書き始めたんです。そんな流れの中で映画会社と組んで仕事をしていたので、僕の中で映画化ということが非常にリアルに感じられたし、実際に模索することもできました。水野さんにも第一声で「本当に映画的ですね」と言っていただきましたよね。

水野   かなり映画化を意識して書かれているんだろうなという感じはしましたね。

コズミック・ゼロ
清涼院 流水・著

定価:1680円(税込)

詳しい内容はこちら