文春写真館

サングラスをはずした黒澤明

文・写真: 「文藝春秋」写真資料部

サングラスをはずした黒澤明

 トレードマークのサングラスをはずしてたたずむのは、映画監督の黒澤 明。明治四十三年(一九一〇年)生まれ。昭和十八年(一九四三年)、「姿三四郎」で監督デビューした。

 昭和二十六年(一九五一年)、「羅生門」がベネチア映画祭でグランプリを受賞。「世界のクロサワ」が誕生した。

 〈近頃の映画は刺戟の強いものでお客を集めようという傾向が強すぎて、頽廃的な残酷ムードでなくてはお客が入らないと言われているが、そういうものじゃなくてもお客が入るという事を証明してみたい。見終ってさわやかな気持で帰れたら成功だと思う〉(「文藝春秋」昭和三十九年=一九六四年七月号)

 〈「七人の侍」「用心棒」などで世界の映画にも多大な影響を与えた巨匠。「おくりびと」のアカデミー賞(外国語映画賞)受賞に沸く邦画界だが、四十五年前の言葉は今も傾聴に値する。

画像貸出しについて
文藝春秋写真資料部は、テレビ、新聞、雑誌をはじめさまざまなメディアのニーズに迅速にお応えできるよう貸出しの体制を整えております。デジタル化された写真データは、現在約25万点。「文藝春秋」の「日本の顔」はじめ数々の企画もの、「週刊文春」のスクープ写真、「Number」のスポーツシーン、「CREA」や「CREA TRAVELLER」の国内外の自然の風景、さらには戦前の人物や行事を取り上げた資料的価値の高い貴重な写真もとりそろえております。
詳しいお問い合わせはこちらまで
(株)文藝春秋 写真資料部  電話:03-3288-6122 FAX:03-5276-7004