2011.12.26 文春写真館

『近世日本国民史』全百巻を完結させた徳富蘇峰

文・写真: 「文藝春秋」写真資料部

『近世日本国民史』全百巻を完結させた徳富蘇峰

 明治、大正、昭和を通じて、ジャーナリスト、評論家、政治家として活躍した徳富蘇峰は、文久三年(一八六三年)、熊本藩郷士徳富一敬の長男として生まれた。本名猪一郎。作家の徳富蘆花は弟にあたる。父一敬は後に明治維新に功績のあった横井小楠と縁戚関係にあり、郷土の開明的思想家だった。蘇峰は十代でキリスト教に関心を持ち、東京英語学校をへて、同志社に学び、新島襄により、洗礼を受けた。明治十九年(一八八六年)、「将来之日本」で論壇に登場し、翌年東京で民友社を設立、「国民之友」を発行。平民主義を提唱する。

 明治二十三年、「国民新聞」を創刊、以来、代表的なオピニオンリーダーとして活躍する。日清戦争後、露独仏による三国干渉に激怒、海外視察を経て、日英同盟の締結を唱え、国家膨張論へとシフトしていった。山縣有朋や桂太郎ら政界の重鎮と交際を深め、軍備増強を支持。日露戦争開戦を契機に「国民新聞」は飛躍的に部数を伸ばした。しかし、ポーツマス条約調印を支持したため民衆の反感を買い、日比谷焼き討ち事件で社屋が襲撃された。

 大正時代、大正デモクラシーの隆盛に対し、帝国主義と平民主義を統合した皇室中心主義を唱え、「近世日本国民史」執筆を始めた。満州事変以後、軍部との関係を強めた。終戦にあたっては、ポツダム宣言の受諾に反対し、戦後A級戦犯の嫌疑をかけられたが、老齢と病気により、自宅拘禁を条件に不起訴となった。熱海に蟄居し、中断していた「近世日本国民史」の執筆を再開、昭和二十七年(一九五二年)、全百巻を完結させた。当時、国会議員になって日も浅い中曽根康弘は彼をよく訪ねたという。昭和三十二年没。写真は昭和十三年十月二十七日撮影。

画像貸出しについて
文藝春秋写真資料部は、テレビ、新聞、雑誌をはじめさまざまなメディアのニーズに迅速にお応えできるよう貸出しの体制を整えております。デジタル化された写真データは、現在約25万点。「文藝春秋」の「日本の顔」はじめ数々の企画もの、「週刊文春」のスクープ写真、「Number」のスポーツシーン、「CREA」や「CREA TRAVELLER」の国内外の自然の風景、さらには戦前の人物や行事を取り上げた資料的価値の高い貴重な写真もとりそろえております。
詳しいお問い合わせはこちらまで
(株)文藝春秋 写真資料部  電話:03-3288-6122 FAX:03-5276-7004