文春写真館

愛煙家だった木下恵介が集めた灰皿のコレクション

文・写真: 「文藝春秋」写真資料部

愛煙家だった木下恵介が集めた灰皿のコレクション

 黒澤明とともに、日本映画の黄金時代を牽引した木下恵介は、大正元年(一九一二年)、静岡県浜松市生まれ。実家は食料品店だった。尋常高等小学校時代から映画に親しむ。浜松工業学校卒業後、上京して松竹蒲田撮影所に入社する。昭和十一年(一九三六年)、松竹大船撮影所に移り、島津保次郎の助監督となる。

 昭和十五年応召。中国戦線に送られるが、病気を患い、帰国する。昭和十八年、「花咲く港」で監督デビュー。

 昭和二十六年、日本初のカラー長編、「カルメン故郷に帰る」を発表し、日本映画文化賞、ブルーリボン賞を受賞する。昭和二十九年、「二十四の瞳」でブルーリボン賞作品賞など数多くの賞を獲得する。「野菊の如き君なりき」(昭和三十年)、「喜びも悲しみも幾歳月」(昭和三十二年)、「楢山節考」(昭和三十三年)と、次々と戦後を代表する傑作を世に送り出した。昭和三十九年、松竹との関係が悪化したのを理由に退社し、木下恵介プロダクションを設立する。テレビドラマ制作をてがけ、TBSでは「木下恵介アワー」としてシリーズ化された。

 平成三年(一九九一年)、文化功労者に選ばれる。平成十年没。

 俳優がスクリーン上で喫煙するシーンは、かつては効果的に使われ、木下作品でも、「カルメン故郷に帰る」で主役の高峰秀子が煙草を吸うシーンが印象的である。写真は、愛煙家だった木下が集めた灰皿のコレクション。

「全部洋行記念品で数えたことはないが百個前後だろう。行く先々の特色ある灰皿がモットーだが、集め始めてまだ十年。人前に出せる程ではない。田舎町などでなかなか見つからない悲哀は、蒐集家らしく一応味わっている。けれど探し出した時は楽しい。つい買い過ぎて重いのに閉口するハメに陥る」(「オール讀物」昭和三十六年一月号)

画像貸出しについて
文藝春秋写真資料部は、テレビ、新聞、雑誌をはじめさまざまなメディアのニーズに迅速にお応えできるよう貸出しの体制を整えております。デジタル化された写真データは、現在約25万点。「文藝春秋」の「日本の顔」はじめ数々の企画もの、「週刊文春」のスクープ写真、「Number」のスポーツシーン、「CREA」や「CREA TRAVELLER」の国内外の自然の風景、さらには戦前の人物や行事を取り上げた資料的価値の高い貴重な写真もとりそろえております。
詳しいお問い合わせはこちらまで
(株)文藝春秋 写真資料部  電話:03-3288-6122 FAX:03-5276-7004