2009.07.06 文春写真館

日本人に希望を与えた湯川秀樹の退官

文・写真: 「文藝春秋」写真資料部

日本人に希望を与えた湯川秀樹の退官

 昭和二十四年(一九四九年)、湯川秀樹博士の日本人初のノーベル賞(物理学)受賞は、敗戦に打ちひしがれていた日本国民に大きな希望を与えた。

 また、「世界平和アピール七人委員会」に名を連ねるなど、平和運動でも大きな足跡を残した。

 写真は昭和四十五年(一九七〇年)春に定年退官で京都大学を去るのを機に、「文藝春秋」〈日本の顔〉用に撮影された。学問の神様、菅原道真をまつる京都市内の北野天満宮で、 「お祓いをしてもらうにしてもぼくのは何だろうね? 交通安全でも、厄除け、受験でもないなぁ。やっぱり勧学かな」

 記者会見では「ぼくはこのあと専門の物理学はもちろん、古典文学や哲学を誰にもわずらわされずゆっくり勉強したい」。

 春の京都の休日を楽しむ表情は、こころなしか緩やかだ。

画像貸出しについて
文藝春秋写真資料部は、テレビ、新聞、雑誌をはじめさまざまなメディアのニーズに迅速にお応えできるよう貸出しの体制を整えております。デジタル化された写真データは、現在約25万点。「文藝春秋」の「日本の顔」はじめ数々の企画もの、「週刊文春」のスクープ写真、「Number」のスポーツシーン、「CREA」や「CREA TRAVELLER」の国内外の自然の風景、さらには戦前の人物や行事を取り上げた資料的価値の高い貴重な写真もとりそろえております。
詳しいお問い合わせはこちらまで
(株)文藝春秋 写真資料部  電話:03-3288-6122 FAX:03-5276-7004