本の話

読者と作家を結ぶリボンのようなウェブメディア

キーワードで探す 閉じる
日本人に希望を与えた湯川秀樹の退官

日本人に希望を与えた湯川秀樹の退官

文・写真:「文藝春秋」写真資料部

 昭和二十四年(一九四九年)、湯川秀樹博士の日本人初のノーベル賞(物理学)受賞は、敗戦に打ちひしがれていた日本国民に大きな希望を与えた。

 また、「世界平和アピール七人委員会」に名を連ねるなど、平和運動でも大きな足跡を残した。

 写真は昭和四十五年(一九七〇年)春に定年退官で京都大学を去るのを機に、「文藝春秋」〈日本の顔〉用に撮影された。学問の神様、菅原道真をまつる京都市内の北野天満宮で、 「お祓いをしてもらうにしてもぼくのは何だろうね? 交通安全でも、厄除け、受験でもないなぁ。やっぱり勧学かな」

 記者会見では「ぼくはこのあと専門の物理学はもちろん、古典文学や哲学を誰にもわずらわされずゆっくり勉強したい」。

 春の京都の休日を楽しむ表情は、こころなしか緩やかだ。

プレゼント
  • 『運 ドン・キホーテ創業者「最強の遺言」』安田隆夫・著

    ただいまこちらの本をプレゼントしております。奮ってご応募ください。

    応募期間 2024/6/20~2024/6/27
    賞品 『運 ドン・キホーテ創業者「最強の遺言」』安田隆夫・著 5名様

    ※プレゼントの応募には、本の話メールマガジンの登録が必要です。

ページの先頭へ戻る