2013.09.30 文春写真館

芥川賞の候補に六回選ばれた、なだいなだ

文・写真: 「文藝春秋」写真資料部

芥川賞の候補に六回選ばれた、なだいなだ

 作家で精神科医のなだいなだは、本名堀内秀(しげる)。ペンネームは、スペイン語で「何もなくて、何もない」を意味する。昭和四年(一九二九年)東京生まれ。旧制麻布中学入学。五年上に吉行淳之介、三年上に奥野建男、二年上に北杜夫がいた。同級生にも小沢昭一、フランキー堺、加藤武、仲谷昇と錚々たる顔ぶれがいた。陸軍幼年学校を経て、終戦後麻布中学に復学。慶応義塾大学医学部予科に進学する。アテネフランセに通い、仏政府給費留学生となりフランスに留学する。現地で知り合ったルネ・ラガーシュと結婚し、帰国する。

 北杜夫、佐藤愛子、加賀乙彦、中上健次らと同人誌を作る。昭和三十四年、「海」で芥川賞候補となったのをはじめ、以後芥川賞の候補に通算六回なり、川端康成らに高く評価されるが、結局受賞には至らなかった。

 勤めていた病院の院長をモデルとした小説が原因で、院長の不興を買い、結局病院を退職する。国立医療機関として初めてアルコール依存症の専門病棟を備えた久里浜病院に勤務する。

 平成十五年(二〇〇三年)、「老人党宣言」を上梓。これをきっかけに、インターネット上のヴァーチャル政党、老人党を立ち上げた。平成二十五年没。写真は平成二十一年撮影。

画像貸出しについて
文藝春秋写真資料部は、テレビ、新聞、雑誌をはじめさまざまなメディアのニーズに迅速にお応えできるよう貸出しの体制を整えております。デジタル化された写真データは、現在約25万点。「文藝春秋」の「日本の顔」はじめ数々の企画もの、「週刊文春」のスクープ写真、「Number」のスポーツシーン、「CREA」や「CREA TRAVELLER」の国内外の自然の風景、さらには戦前の人物や行事を取り上げた資料的価値の高い貴重な写真もとりそろえております。
詳しいお問い合わせはこちらまで
(株)文藝春秋 写真資料部  電話:03-3288-6122 FAX:03-5276-7004