文春写真館

放浪の画家、山下清は笑うことが下手だった

文・写真: 「文藝春秋」写真資料部

放浪の画家、山下清は笑うことが下手だった

 放浪の画家、山下清は大正十一年(一九二二年)生まれ。知的障害児施設「八幡学園」でちぎり紙細工を覚え、その才能を精神病理学者の式場隆三郎に認められる。戦中から戦後にかけて戦後長らく放浪の旅に出たが、昭和三十一年(一九五六年)、大丸での「山下清展」を始め、全国で巡回展が開かれ、その名声が高まった。

 写真は、昭和三十四年に撮影された。彼の良き理解者であり、「先生」と慕った式場隆三郎博士(左)と踊る山下清。

〈ぼくが泣いたことがないというと、みんなが不思議がる。子どものときは泣いたかもわからないが、それからは泣かない。笑うことも下手なので、笑わない。このごろ笑うようになったというので写真をとられたが、やはり笑っていないのでもう一度わらってくれといわれて、あははといったらまた笑われた。

 ぼくは人にはよく笑われるが、ぼくは笑うことが下手です〉(「文藝春秋」昭和三十一年十一月号「『ハダカの王様』西へ行く」より)

 笑うこと泣くことを忘れた山下清の、笑顔を残す珍しい姿である。

 昭和四十六年没。

画像貸出しについて
文藝春秋写真資料部は、テレビ、新聞、雑誌をはじめさまざまなメディアのニーズに迅速にお応えできるよう貸出しの体制を整えております。デジタル化された写真データは、現在約25万点。「文藝春秋」の「日本の顔」はじめ数々の企画もの、「週刊文春」のスクープ写真、「Number」のスポーツシーン、「CREA」や「CREA TRAVELLER」の国内外の自然の風景、さらには戦前の人物や行事を取り上げた資料的価値の高い貴重な写真もとりそろえております。
詳しいお問い合わせはこちらまで
(株)文藝春秋 写真資料部  電話:03-3288-6122 FAX:03-5276-7004