文春写真館

「意気と力をこの胸に」投げた球界の紳士・杉浦忠 

文・写真: 「文藝春秋」写真資料部

「意気と力をこの胸に」投げた球界の紳士・杉浦忠 

 今はもうなくなってしまった大阪球場の観客席に座るのは、球界の紳士と呼ばれた杉浦忠。球場が取り壊される直前の平成十年(一九九八年)の撮影である。

 昭和十年(一九三五年)、愛知県生まれ。高校時代は無名だったが、立教大学では投球フォームをサイドスローに変えて成功、東京六大学野球通算三十六勝をあげた。当時、長嶋茂雄、本屋敷錦吾と並んで三羽烏と呼ばれ、立教の黄金時代を築いた。

 昭和三十三年、南海ホークス入団後、二十七勝で新人王。翌年、三十八勝でシーズン最多勝を獲得し、最優秀選手に選ばれる。さらに、日本シリーズで宿敵巨人に四連投で四勝し、日本一を達成。このとき「ひとりになって泣きたい」と話したとされ、語り草となった。また、打倒巨人の悲願を果たしての優勝を祝う御堂筋パレードも、長く語り継がれた。

 華麗な投球フォームで南海のエースとして活躍したが、連投による肩や肘の酷使のため、昭和三十九年に二十勝をあげたのを最後に、成績は振るわなくなった。昭和四十五年のシーズンを最後に引退。プロ通算でボークは一度もなかった。

 南海は巨人V9時代に次第に低迷するようになり、昭和四十八年のリーグ優勝を最後に、万年Bクラスが定位置となった。昭和六十年秋に南海の再建をかけて監督に就任するが、昭和六十三年、チームはダイエーに身売りされ、大阪の地を離れて九州・福岡に旅立った。

 平成十三年没。告別式では「グランド照らす太陽の 意気と力をこの胸に」と「南海ホークスの歌」(佐伯孝夫作詞・佐々木俊一作曲)が合唱された。

画像貸出しについて
文藝春秋写真資料部は、テレビ、新聞、雑誌をはじめさまざまなメディアのニーズに迅速にお応えできるよう貸出しの体制を整えております。デジタル化された写真データは、現在約25万点。「文藝春秋」の「日本の顔」はじめ数々の企画もの、「週刊文春」のスクープ写真、「Number」のスポーツシーン、「CREA」や「CREA TRAVELLER」の国内外の自然の風景、さらには戦前の人物や行事を取り上げた資料的価値の高い貴重な写真もとりそろえております。
詳しいお問い合わせはこちらまで
(株)文藝春秋 写真資料部  電話:03-3288-6122 FAX:03-5276-7004