文春写真館

『勝負に負けたことがない』と豪語した正力松太郎

文・写真: 「文藝春秋」写真資料部

『勝負に負けたことがない』と豪語した正力松太郎

 正力松太郎は讀賣新聞の社主だった。

「勝負には一度も負けたことがない」と豪語、 マスコミ界の大御所として君臨した。

 明治十八年(一八八五年)生まれ。東京帝大法科大学を卒業後、警察官僚の道を歩むが、難波大助が皇太子(のちの昭和天皇)を襲撃した虎ノ門事件の警備不備の責任を問われて、大正十三年(一九二四年)懲戒免官となる。時をおかずして新聞を買収し、社長に就任。として大正力と呼ばれた。戦前、戦後を通じて新聞、テレビ、プロ野球、遊園地と次々に事業を成功させてきた。

 自作の格言から。

〈経験は尊いという、しかし、やぶ医者は何年たってもやぶ医者である。心すべきだ〉

(「週刊文春」昭和四十年=一九六五年四月十九日号)

画像貸出しについて
文藝春秋写真資料部は、テレビ、新聞、雑誌をはじめさまざまなメディアのニーズに迅速にお応えできるよう貸出しの体制を整えております。デジタル化された写真データは、現在約25万点。「文藝春秋」の「日本の顔」はじめ数々の企画もの、「週刊文春」のスクープ写真、「Number」のスポーツシーン、「CREA」や「CREA TRAVELLER」の国内外の自然の風景、さらには戦前の人物や行事を取り上げた資料的価値の高い貴重な写真もとりそろえております。
詳しいお問い合わせはこちらまで
(株)文藝春秋 写真資料部  電話:03-3288-6122 FAX:03-5276-7004