文春写真館

日本初のナイター始球式を務めた鳩山一郎

文・写真: 「文藝春秋」写真資料部

日本初のナイター始球式を務めた鳩山一郎

 日本初のナイター設備が設置されたのは、早稲田大学の戸塚球場だった。昭和八年(一九三三年)七月のことである。総工費六万円をかけた設備だった。七月十日、早大の二軍対新人の試合が日本初のナイターとして行われた。始球式に臨んだのが、写真のスタンドマイクに向かって立つ鳩山一郎(当時文部大臣)。試合は九回まで行われず、七回で打ち切りとなった。

 当時の学生野球は現在からは想像もつかないほど人気があった。この年の秋の早慶戦三回戦では、三塁側の早大側応援席から投げ込まれたリンゴを慶応の水原茂三塁手が投げ返した「リンゴ事件」が発生。サヨナラ負けを喫した早大側が激高して、試合終了と同時に慶大側ベンチ、応援席になだれ込み、大乱闘となった。警官隊が出動して鎮圧したが、この事件がきっかけで早慶戦は早稲田は一塁側、慶応は三塁側に固定されるようになった。

 鳩山一郎は、戦後保守合同にともない誕生した自民党の初代総裁を務めた。今年は没後五十年に当たる。

画像貸出しについて
文藝春秋写真資料部は、テレビ、新聞、雑誌をはじめさまざまなメディアのニーズに迅速にお応えできるよう貸出しの体制を整えております。デジタル化された写真データは、現在約25万点。「文藝春秋」の「日本の顔」はじめ数々の企画もの、「週刊文春」のスクープ写真、「Number」のスポーツシーン、「CREA」や「CREA TRAVELLER」の国内外の自然の風景、さらには戦前の人物や行事を取り上げた資料的価値の高い貴重な写真もとりそろえております。
詳しいお問い合わせはこちらまで
(株)文藝春秋 写真資料部  電話:03-3288-6122 FAX:03-5276-7004