本の話

読者と作家を結ぶリボンのようなウェブメディア

キーワードで探す 閉じる
志賀直哉の家庭マージャン

志賀直哉の家庭マージャン

文・写真:「文藝春秋」写真資料部

 志賀直哉の家庭マージャンの撮影は、昭和四十年(一九六五年)。

〈勝負ごとは好きだが、あまり強くはないという。マージャンもときには深夜におよぶことがある。志賀家独特のルールがあってすぐ満貫になってしまう〉(「文藝春秋」昭和四十一年=一九六六年一月号)

 麻雀は戦前、奈良に住んでいた頃に覚えたらしく、将棋、花札とともに終生楽しんだ。康子(さだこ)夫人もマージャンが好きだったが、打つのが遅かったといわれる。何を捨てていいのか迷う康子夫人に志賀直哉は、

〈「早く。何でもいいから右の端のを切つてしまへ」

 貧乏ゆすりせんばかりの調子で急き立てた。ただし、最晩年はこれが逆になり、直哉の長考が始まつて、一局四時間もかかる家庭マージャンに、

「弱つた。こいつはどうすりやいいかね。さて、弱りました」

 と、中々判断がつかず、

「お父さま。どうぞ、お早く遊ばして」

 康子夫人に催促されてゐた〉(阿川弘之著『志賀直哉』より)

プレゼント
  • 『宗教を学べば経営がわかる』池上彰 入山章栄・著

    ただいまこちらの本をプレゼントしております。奮ってご応募ください。

    応募期間 2024/7/19~2024/7/26
    賞品 『宗教を学べば経営がわかる』池上彰 入山章栄・著 5名様

    ※プレゼントの応募には、本の話メールマガジンの登録が必要です。

ページの先頭へ戻る