2015.05.18 発売情報

【発売情報】文春文庫5月刊は本日発売です。青春フェアもスタート

「【発売情報】文春文庫5月刊は本日発売です。青春フェアもスタート」をはてなブックマークに追加

※画像をクリックすると大きく表示されます。

話題作目白押し。文春文庫5月刊

パーキンソン病で多くを語ることなく亡くなった父の過去──。『沈黙のひと』は、小池真理子さんが円熟の味をみせた、吉川英治文学賞受賞作です。

『路(ルウ)』は、日本と台湾との間に育まれた絆を、台湾新幹線プロジェクトにからめて描いた吉田修一さんの意欲作。

本の話WEB | 特設サイト 
吉田修一・著『路(ルウ)』 特設サイト

そして、発表20年を経ても人気の山田詠美さんの『ぼくは勉強ができない』。「モテこそ命」の時代開幕を告げた傑作青春小説が文春文庫に入りました。

そんな現代に生きる若者たちの、なんとも煮え切らない感じを、絶妙な筆遣いで描いたのが、綿矢りささんの『しょうがの味は熱い』です。

また、奥野修司さんの丹念な取材の成果といえる『再生の島』、万城目学さん、門井慶喜さんによる『ぼくらの近代建築デラックス!』ほか、話題作が目白押しです。そのほかの5月刊はこちらから>>

文春文庫「青春フェア」を展開。特別カバー装も5作品が限定発売

また本日より順次、全国各書店で展開する「青春フェア」で、文春文庫初の特別(プレミアム)カバー装文庫を限定販売します。写真家かくたみほさんの素敵な写真が表紙を飾り、タイトルと背にカラー箔を捺す豪華な仕上がりとなっています。

(限定生産につき、売り切れ次第終了の予定です)

宮本輝『星々の悲しみ』 (500円+税)
吉田修一『横道世之介』 (714円+税)
辻村深月『太陽の坐る場所』 (600円+税)
島本理生『真綿荘の住人たち』 (590円+税)
柚木麻子『終点のあの子』 (540円+税)

文春文庫「青春フェア」は、20代の読者向きのタイトルを数多く揃えたフェアです。新刊からは、『ぼくは勉強ができない』(山田詠美 430円+税)と『しょうがの味は熱い』(綿矢りさ 450円+税)を、他にも『ジブリの教科書3 となりのトトロ』(文春文庫編 690円+税)、『収容所(ラーゲリ)から来た遺書』(辺見じゅん 520円+税)など、全58作品を取り揃えて展開する予定です。